SSブログ
貨物駅・車両所・機関区 ブログトップ
前の10件 | -

10月某日 川崎車両所 [貨物駅・車両所・機関区]

あさイチで日本石油輸送川崎メンテナンスセンター専用線を
堪能した後は川崎貨物駅へ。 陸橋から川崎車両所の方を
見ると・・・ おっ!! スイッチャーが絶賛入換え中の様です^^
1.jpg


という事で、川崎車両所の方に向かいました。塩浜機関区の
前を通るとDD602が点検中でした。
2.jpg

また、クラの中にはDB-2もいました。
3.jpg

なにやら窓に貼ってありますね~
4.jpg

拡大して見ると窓一面に貨車車票が貼ってありましたww
4-1.JPG

また、近くにはDB-3の姿もありました。
5.jpg

DB-2もDB-3も何度も見かけていますが、いつもこの位置
なので中々形式写真が撮れないのがもどかしいです。
6.jpg


そんなこんなしていると車両所の奥からスイッチャー君が
やって来ましたよ。
7.jpg

動いてるスイッチャーをこんな近くで見る事が出来る場所は
ここくらいかもしれませんね^^
8.jpg

スイッチャーの次位には塗りたてのタキ1000が連なって
いました。この様な検査・整備中のタキ車の姿を見る事が
出来るのもここならではです。
9.jpg

その後はしばらくスイッチャ君ーが入換えであっちこっちに
移動している姿をおなかいっぱい撮影しました。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

いつもの光景ですが、何度見てもいいですね~^^
14.jpg

15.jpg

16.jpg

スイッチャー好きにはたまらないポイントです。( ´∀`)
17.jpg

18.jpg

入換えが終わり、スイッチャーの定位置に戻ったので
19.jpg

ここでの撮影を終わりにしました。 オナカイッパイ(*´3`)-з
20.jpg


ふたたび塩浜機関区の前を通ると、点検中のDD602の
エンジンが掛かっていました。
21.jpg

キャブに描かれた60周年記念ペイントがかっこいいですね^^
22.jpg

まだまだ続きます。 (*´ω`)ノシ







nice!(38) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レール運搬事業用車撮影会in越中島基地 その② [貨物駅・車両所・機関区]

前回の続きです。 (*´ω`)ノ

一旦メイン会場前に集合したのちは撮影会の大まかな
スケジュールと注意事項の説明を受けたのち、いよいよ
撮影会が始まりました。撮影会開始前までは雨が降って
いましたが、この頃になるとほとんど止んでくれました。

まずはメインのレールキヤとモーターカーとの3並びです。
1.jpg

キヤE195系LT-1編成とキヤE195系ST-1編成と黄色の
TMC400A +チキ6車が並べられていました。
2.jpg

いや~素晴らしいですね。これだけでもツアー料金の元が
取れた気がします。(゚∀゚) サイコー
3.jpg

撮影会のスタートは手前にロープを設置して引きで撮影の
時間、その後はロープを撤去して近くから撮影する時間に
分けるなど撮影者の立場に立った色々な配慮を頂けました。
4.jpg

いつもは遠くから眺めていた車両たちをこんな近くで撮影
出来るなんてほんと感激です^^
5.jpg

6.jpg

7.jpg


レールキヤたちにお会い出来たのも最高でしたが、スイッチャー
好きのワタクシはこちらのTMC400Aの方に釘付けでした。
8.jpg

いや~最高ですね~ ( ´∀`)
9.jpg

TMC400Aの後ろにはJR貨物所属のチキ7000の6連結が
連結されていました。
10.jpg

当初の予定は4連結でしたが、2両サービスして頂けたみたい
ですね^^
11.jpg

12.jpg


また、キヤE195系LT-1編成はエプロン動作の実演まで
見せて頂けました。
13.jpg

めっちゃ貴重な体験でした。
14.jpg

15.jpg


メインの3並び以外にもここで活躍しているモーターカー
たちも展示されました。
16.jpg

東鉄工業カラーのTMC400A
17.jpg

ユニオン建設カラーのTMC400A
18.jpg

また、正式な展示車両ではありませんが保線基地の方に
いたユニオン建設のTMC400Bも撮影する事が出来ました。
19.jpg


そして、この撮影会の最大のサプライズが当初展示予定に
無かったTMC500W 『いぬ君』たちの展示でした!! 残念な
事に年度末で廃車が決まっているそうで、すでにエンジンの
軽油も抜かれており、今回エンジンの始動やライトの点灯は
出来なかったものの、2両のチキ6000を従えた堂々とした
姿で展示されました。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

長い間ここのぬしだった『いぬ君』たちにもう一度お会い
出来て感無量です。
23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg


しかも撮影会の最後には『いぬ君』たちへ、惜別の特製
ヘッドマークの掲出というさらなるサプライズもありました。
27.jpg

28.jpg

29.jpg

『いぬ君』たちが大事にされていたのがよく分かりますね。
この場にいる事が出来て本当に良かったです。
30.jpg

31.jpg


あっという間に撮影会終了の時間となりました。ふたたび
受付場所に戻ってお土産を頂いて終わりとなりました。
32.jpg

最高のツアーでした。関係者の方には感謝しかありません。
お陰様で夢がひとつ叶いました。( ´∀`) アリガトウゴザイマシタ





【おまけ①】
先にもちょっと記載しましたが、レールセンターの一角には
保守車両の基地があります。
33.jpg

保守車両基地の線路は写真の様に京葉線とレールが
繋がっています。ここを出入りする姿をいつか見てみたい
ものです^^
34.jpg


【おまけ②】
今回のツアーで頂いたお土産の中にはキヤE195系
1000番台のペーパークラフトやその他グッズの他に
レール輸送用の行先票(車票)が2枚入っていました。
35.jpg
お土産も最高でした^^





nice!(40) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レール運搬事業用車撮影会in越中島基地 その① [貨物駅・車両所・機関区]

ある日ネットを徘徊していると・・・ なんと!! 越中島貨物駅に
ある東京レールセンターが初公開されるとの告知が出ている
ではありませんか!! 見た瞬間に速攻で申し込みをしました^^
1.jpg

いつもは外から眺めていた東京レールセンターの中に入る
事が出来るなんて夢の様です。( ´∀`)
2.jpg

3.jpg

ちなみに私のブログのプロフィール画像はかつてここの
ぬしだった『かえる君』(富士重TMC500C)で
1-2.jpg

ツイッターのアイコンは『いぬ君』(富士重TMC500W)
だったりします。(゚∀゚) エヘヘ
1-3.jpg


ツアーに申し込んでから約半月後、いよいよツアー当日と
なりました。当日は朝からあいにくの天気でしたが、雨が
止むことを祈りつつ、最寄りの京葉線潮見駅から歩いて
越中島貨物駅に向かいました。

越中島貨物駅は写真の新砂踏切を渡った先の看板のある
ところが入口になります。
4.jpg

入口にいた係員さんに申し込みメールの画面を提示して
越中島貨物駅(東京レールセンター)に向かいます。
5.jpg

6.jpg

しばらくすると左手に東京レールセンターが見えて来ました。
7.jpg

また、右手にはJRバス関東 東京支店の広大な車庫も
見えて来ました。
8.jpg

わたくしバスヲタでもありますので大興奮です^^
9.jpg


それではいよいよ東京レールセンターに入って行きます。
10.jpg

東京レールセンターに入ったのち、改めて受付を済ませて
ヘルメットや安全ベストを受取ると、開始時間までしばし
その場で待機しました。
11.jpg

いや~素晴らしい光景ですね~ 
12.jpg

今では貴重になったチキ車も目の前にいますよ。(*´Д`) ハアハア
13.jpg

14.jpg

レール積み込み用のクレーンも至近から観察する事が
出来ました。 このクレーンを使って艀で運ばれて来た
定尺レールをレールセンター敷地内へ移動させます。
15.jpg

16.jpg


そんなこんなしていると開始の時間になり、皆で構内を
歩いてメイン会場に向かいました。
17.jpg

18.jpg

19.jpg

いや~これだけでも貴重な体験です。興奮して写真を
撮りまくっていたら、いつの間にか参加者の最後尾に
なってしまいました。(゚∀゚) ゴメンナサイ
20.jpg

おっ!! 本日の主役たちですね。
21.jpg

途中にはこんな方も鎮座していました^^
22.jpg

またまたクレーンが見えて来ました。
23.jpg

こちらの門型クレーンはロングレール積卸し用になります。
24.jpg

さらに奥に向かって進んで行きます。レールセンターと
いうだけあって結構な距離がありますね。
25.jpg

26.jpg

おっ!! 保線車両もいました。正式な展示車両では無い
みたいですがせっかくなのでパチリ。
27.jpg

レールセンターの西端にある踏切りを渡ると
28.jpg

いよいよメイン会場に着きました。 ( ´ω`)
29.jpg


次回は撮影会の様子をお伝えします。 (*´ω`)ノシ
30.jpg





nice!(45) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6月某日 川崎車両所 [貨物駅・車両所・機関区]

前回の続きです。

千鳥線をおなかいっぱい撮影した後はいつものパターンで川崎車両所の
偵察に向かいました。 |ω・`)チラ
1.jpg

車両所裏手の留置線を覗いてみると・・・ おっ!! ヨ太郎さんがいますね。
2.jpg

無事全検が終了したみたいですね。ヨ太郎も貴重になって来たので
残った方々には末永く活躍してもらいたいものです。
3.jpg

その後トラバーサーのアントや
4.jpg

いつもここにいる予備機のスイッチャーを撮影したのち
5.jpg

塩浜機関区へ。この日はお気に入りの“デメキン”DD5517とDD601が
並んでいました。
6.jpg

7.jpg


機関区を見学した後、川崎車両所の検収庫の方を覗いてみると・・・ 
なんと!! スイッチャーのエンジンが掛かっています。久々にスイッチャー
が動いている姿を見る事が出来そうです。 ヽ(´∀`)ノ イェーイ
8.jpg

程なくしてスイッチャーがタキ車を牽いてこちらに向かって来ました。
9.jpg

お元気そうでなりよりです^^
10.jpg

その後はしばらくの間入換えで構内をウロウロしてくれたので
11.jpg

12.jpg

13.jpg

お腹いっぱい撮影する事が出来ました。 ( ´З`)=3 ゲップ
14.jpg

スイッチャー君は目の前にも来てくれたので
15.jpg

機械番号 06-28-01-531の文字もはっきりと見る事が出来ました。
16.jpg

また、ここは塗装途中のタキ車を見る事が出来るので楽しいです。
おまけで強烈な生乾きペンキの香りも嗅ぐことができます ( ´∀`)
17.jpg


いや~楽しかったです。
18.jpg

19.jpg


川崎車両所のあとはこれまたいつものパターンで浮島町の日本石油輸送
川崎メンテナンスセンターへ。
20.jpg

全検前のタンク洗浄中のタキ車と
21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

ここのぬしのスイッチャー君をじっくりと撮影させてもらいいました。
25.jpg

実はこの子が動いているところを撮影した事はありません。いつか
ここの入換えシーンを撮影したいものです。
26.jpg

また、こよっと。 (゚∀゚)
27.jpg


次回に続きます。(*´ω`)ノシ









nice!(44) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3月某日 隅田川駅 [貨物駅・車両所・機関区]

新型コロナウイルス蔓延の為、出掛ける事が少なくなって来ている今日この頃
ですが、半月ほど前に越中島貨物駅にチキ車を撮影に出掛けて来ました。

午前の便を撮影したいな~っと、気合を入れて来たのですが、現地に着くと・・・
ガビーン!! 見事にウヤを食らいました。 (゚д゚lll) ヒエーセッカクキタノニー
1.jpg


仕方が無いので昼の便を狙う事にしましたが、それまでの時間をここでひとり
泣いていても仕方が無いので、久々に隅田川駅に行ってみる事にしました。 (゚∀゚)アヒャ
2.jpg

ここに来たお目当ては隅田川貨車区のアント君なのですが、貨車区を覗いて
みると・・・ ガビガビガビーン!! 構内に人の気配は無く、入換えがある雰囲気
はまったくありませんでした。orz フンダリケッタリ
3.jpg

4.jpg

5.jpg


・・・という事で駅の周りを一周する事にしました。ここは昼寝しているカマたちや
6.jpg

7.jpg

留置されているコンテナたちを撮影しているだけでも飽きません。
8.jpg

いつも見かけるZ19A(フォークリフト荷役練習用コンテナ)や
9.jpg

ここの名物の日清製粉の小麦粉輸送用コンテナの姿がありました。
10.jpg

11.jpg

いや~ いい風景ですね~ ( ´∀`)
14.jpg

15.jpg

13.jpg


さらに進んで行くと壁代わりに置かれている30Aの廃コンがいた他、
16.jpg

なんと!! V19C-1の姿も見る事が出来ました! JRの汎用コンテナのトップ
ナンバーが撮影出来るとは思ってもいませんでしたので、これだけでも来た
甲斐がありました。 (*゚▽゚)ノ ラッキー!!
17.jpg

そんなこんなで駅一周が終わったので、ダメ元でもう一度貨車区へ向かうと・・・
18.jpg


イタ――(゚∀゚)――!! アント君がちょうどコキ車の入換を始めるところでした!!
19.jpg

久々にアント君が動いているところを見る事が出来て大興奮です!!
20.jpg

入換えられているコキ車を何気なく見ていると・・・
21.jpg

超若番車のコキ104-2が連結されていました。(なんだかちょっと惜しいw)
22.jpg

修繕票サシには車輪削正車の赤票が入っていました。
23.jpg

その後も入換えがしばらく続いたので、おなか一杯撮影させてもらいました。
24.jpg

25.jpg

超かっこいいっす。
26.jpg

思い付きでしたが、来て良かったです^^
27.jpg



次回に続きます。 (・ω・)ノ ノシ





nice!(50) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9月某日 熊谷貨物ターミナル [貨物駅・車両所・機関区]

引っ越しが終わってから、仕事に追われる毎日でほとんど鉄分補給が出来て
おらず、今回も9月下旬のネタですが、久々に熊谷貨物ターミナルを訪問して
来ました。ここに来た目的は長らく熊谷(タ)と倉賀野貨物基地で活躍してきた、
ジェイアール貨物・北関東ロジスティクス所属のDE10たちが引退して、ここに
集められているとの情報を見たのでお別れにやって来ました。
1.jpg


現地について、廃止になった高崎機関区熊谷貨物ターミナル派出の方へ
向かうと、DE10たちが4機繋がって留置されているのが見えて来ました。
2.jpg

DE10 1142 主に倉賀野貨物基地で活躍して来たカマです。
3.jpg

DE10 1102 この子も主に倉賀野貨物基地で活躍して来たカマです。
4.jpg

DE10 1513 主に熊谷(タ)で活躍して来ました。
5.jpg

DE10 108 主に倉賀野貨物基地で活躍して来ましたが、熊谷(タ)でも比較的
姿を見る事が出来ました。この子は国鉄機では無く、衣浦臨海鉄道→樽見鉄道
→高崎運輸(現ジェイアール貨物・北関東ロジスティクス)を渡り歩いた異色の
カマで、4機のうちでは個人的にいちばんお気に入りのカマでした。
6.jpg


引退したDE10の傍らではここの新しいぬしとなったHD300-5が構内の入換を
行なっていました。時代の流れとはいえ、寂しい光景でした。
7.jpg

8.jpg


駅構内を横断している跨線橋からもDE10たちの最期の姿を撮影させてもらい
ました。
9.jpg

10.jpg

ここはかつてセメント貨車が解体されていた場所なので、DE10たちもここが
最期の地になりそうです。
11.jpg

なんとも切ない光景です。
12.jpg

それでもかれらにもう一度会う事が出来て良かったです。
13.jpg



DE10たちを撮影した後は熊谷(タ)の構内も撮影しました。高崎機関区熊谷貨物
ターミナル派出が廃止になった事もあり、全体的には以前に比べて構内の留置
貨車が少なくなってしまいましたが、コンテナ貨物は比較的堅調の様です。
14.jpg

15.jpg

16.jpg

石油タキ車の姿も少数ですが見る事が出来ました。
17.jpg

18.jpg


ここで一番の名物といえば最後の石炭輸送用の貨車となったホキ10000ですが、
この日も留置されている姿を見る事が出来ました。
19.jpg

20.jpg

個人的にホッパー車の中ではいちばんお気に入りの貨車です。これからも
永く活躍してもらいたいものです。
21.jpg

ちょうど高崎線を行く倉賀野行きの石油貨物列車がやって来たのでパチリ。
22.jpg


最後に着発線の方へ行ってみるとキンタのトップナンバーや
23.jpg

大好物の化成品コンテナを積んだコキ車がいました。
24.jpg

新ロゴとなった日産化学のUT10Cも初めて見る事が出来ました。
25.jpg

個人的には赤い星の旧ロゴの方が好みです。
26.jpg


DE10が撮影出来るポイントがまた減ってしまいましたね。 (´;ω;`)ブワッ
27.jpg






nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018 JR貨物フェスティバル 広島車両所公開 [貨物駅・車両所・機関区]

既に1ヶ月前のネタですが、2年ぶりに広島車両所公開に出掛けて来ました。
今年は西日本豪雨による山陽本線の長期運休もあったので、開催は難しい
のではと思っていましたが、無事開催されました。
1.JPG

しかしながら、山陽本線が復旧して間もない時期という事からか例年に比べて
展示車輛やイベントが縮小された形での開催となりました。いつもメインの車両が
展示されている1・2番線には車両の展示は無く、
2.JPG

3・4番線にのみ車両が展示されていました。先頭にはEF66 30とEF66 1が
展示されていました。
3.JPG

この日のメインはなんといってもピカピカに再塗装されたEF66 30でした。
現役のゼロロクが27号機のみとなった今、またピカピカのゼロロクを見る
事が出来るとはビックリです。 (゚Д゚ノ)ノ ビックリ
4.JPG

今回、広島車両所の若手社員の技術向上も兼ねて再塗装されたそうです。
残念ながら再起する事は無いみたいですが、綺麗になったので来年以降も
是非展示してもらいたいものです。 ( ´∀`)
4-1.JPG

EF66 30には恒例のカンの取り付けも行われていました。
5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

9.JPG


お隣のEF66 1もカンの取り付けが行なわれていましたが、人が多すぎでまともな
写真は中々撮れませんでした。 (;゚Д゚) ヒエー
10.JPG

11.JPG

今年は山陽本線が不通だった為、残念ながらこの貨物フェスティバルのPRカンを
つけた列車が走る事はありませんでした。
12.JPG


EF66 1の後ろにはEF59 21と
13.JPG

14.JPG

EF500-901が展示されていました。
15.JPG

今回はEF500-901の1エンド側も公開されていました^^
15-2.JPG


また、EF66 30の後ろにはEF67 1が展示されていました。
16.JPG

EF67 1には片側のみ『がんばろう岡山・がんばろう広島』のステッカーが貼って
ありました。迂回貨物を牽引したロクヨンセンから剥したものを貼ったみたいです。
17.JPG

コキ車を挟んだ一番奥には運転室公開用にEF200-10が展示されていました。
EF200も来年のダイヤ改正で引退が決まったという事で、見学希望者の列が
いつも以上に長蛇の列となっていた様に思われます。私も見学したかったの
ですが、一向に列が短くならないので断念しました。 (´;ω;`) シクシク
18.JPG

写真ではちょっとわかりづらいですが、EF200-10+コキ車+コキ車+EF67 1で
瀬野八をイメージした編成になっていたのですね。EF67 1のテールランプも
ちゃんと点灯していました。 (・∀・) スバラシイ!!
19.JPG


第1主棟内の方に行って見ると新塗装に変更されたEF210-108が
20.JPG

機関車吊り上げ実演に使用されていた他
21.JPG

検査中のEF210-128と
22.JPG

EF210-164の姿がありました。
23.JPG


また、運転整備室の方には廃車となってここにやって来たEF81 719と
24.JPG

ここのぬしのスイッチャー君が並んで展示されていた他
25.JPG

奥の方にはEF510-511の姿もありました。
26.JPG


また、用品倉庫の前にはお気に入りの控車君の姿がありました。
27.JPG

控車君は残念ながら引退してしまったみたいですが、今回は目の前でじっくりと
観察させてもらいました。貴重なヒ600形の生き残りなので、現役時代の姿に
復元されたらいいのにな~と思います。
28.JPG

29.JPG

お隣には配給車代用の緑ワムも健在でした。
30.JPG

半キャブスイッチャー君が牽引するレインボーGOも元気に走り回っていました。
ただいつもボンネットについていた、きかんしゃト-〇スのお顔が今年は取外
されていました。 (;・ω・)ゝ オヨヨ  おとなの事情でしょうかw
31.JPG

恒例のヘッドマークの乱れ付けもありました。今回は『貨物フェスティバル』特集
でした。ただ人が多すぎてまともな写真は撮れる状態ではなく、これが精一杯
でした。 (゚∀゚) ヒトオオスギ
32.JPG


今回もたっぷり楽しませて頂きました。山陽本線が復旧して間もない、大変忙しい
時期であったにも関わらず今年も開催してもらい、スタッフの皆さんには感謝の
言葉しかありません。
33.JPG






【おまけ】
貨物フェスティバルの後はせっかくなので、近くの天神川駅に行って昼寝中の
カマたちを見て来ました。ホームから撮りやすい位置にはEF67 101と
34.JPG

EF210-305がいました。
35.JPG

EF210-305には『がんばろう西日本』のステッカーが貼りつけられていました。
36.JPG




nice!(66) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

10月某日 吹田機関区 [貨物駅・車両所・機関区]

1ヶ月前に大阪に行く用事があったので、用事終わりにちょこっと吹田機関区へ
寄って来ました。

吹田駅から歩いて機関区の入口に着くと、おっ!! いますね^^
1.JPG

ノラさんとゴトー君とサメちゃんが昼寝していました。 ( ´∀`) ナンノコッチャ
2.JPG

ノラさんも来春のダイヤ改正での引退が決まってしまいましたね。お気に入りの
機関車だったので残念です。引退までもうまだ時間があるので、最後の活躍の
姿を出来るだけ撮影したいと思っています。
3.JPG

ノラさんとゴトー君の並びいいですね~ カコ(・ω・)イイ!!
4.JPG


機関区入口で撮影のあとは機関区の東側へ向かいます。途中にいた押太郎を
何気なく撮影すると・・・ んっ!! 押太郎の右奥になにかいますね。
5.JPG

奥の非電化エリアに引退したゼロロクたちが並んでいました。
6.JPG

ゼロロクたちはすでにナンバープレートやライトが外されて抜け殻の様になって
いました。残念ながらここで解体の様ですね。 (´;ω;`)ブワッ
7.JPG

東側のエリアに着きました。ゼロロクがニーナ様以外引退してしまったので、
全体的にちょっと寂しい感じがします。
8.JPG

9.JPG

10.JPG

こちらにもノラの姿がありました。この場所にいるノラたちはかなり前に運用落ち
しているカマです。
11.JPG

ノラとHD300の間からは先程紹介した抜け殻状態のゼロロクの姿が見えました。
12.JPG


日も落ちて来たので、吹田機関区の撮影を終わりにしてそのまま岸辺駅まで
歩いて駅横に広がる吹田貨物ターミナルを見学してこの日は帰途につきました。
13.JPG

駅の外れには大好物の保線区もありました^^
14.JPG



また、こよっと。 (゚∀゚)
15.JPG






【おまけ】
JR貨物吹田機関区の横にはJR西日本の吹田総合車両所が隣接しています。
車両所の正門から見える場所にモハ52001が保存されています。
16.JPG

正門の隣にある通用門の隙間からこっそりお顔を撮影させてもらいました。
17.JPG





nice!(55) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月某日 隅田川駅 [貨物駅・車両所・機関区]

またまたブログをサボってしまいました。 <(_ _)><(_ _)>

最近は殆ど鉄活動が出来ておらず古いネタで恐縮ですが、7月の初旬にちょっと
時間があったので、隅田川駅を覗いて来ました。 |ω・`) チラ
1.JPG

約1年半ぶりに来ましたが、前回訪問時とは風景がだいぶ変わっていて、セメント
専用線の跡地には商業施設が建っていました。
2.JPG

とりあえず、お気に入りの隅田川貨車区の方を覗いてみると、 おっ!!
3.JPG

大好物のアント君がいますね^^
4.JPG

ただ残念ながらこの日は動きはありませんでした。
5.JPG



気を取り直して、駅を1周して見る事にします。以前、セメント専用線のサイロが
あった付近は、ホームセンターになっていました。
6.JPG

十数年前までは、この様なディープなスポットだったのが信じられない変貌ぶり
ですね。(こちらは専用線廃止後に月極駐車場として使用していた頃です。)
7.JPG

(こちらはさらにその前の現役の頃の様子です。)
8.JPG



正直つまらんな~と思いつつ歩いていると、ホームセンターの駐輪場の奥の方に
チラッとコキ車が見えたので、ちょっとお邪魔させてもらうと・・・。

イタ――(゚∀゚)――!! アント君に繋がれたコキ車を目の前に見る事が出来ました。
9.JPG

いや~たまりませんね。 (*´Д`) ハアハア
10.JPG

ホームセンター建設のおかげで、良い見学スポットが出来ました^^
11.JPG



アント君を撮影後、これはもしかしてホームセンターから、貨車区が覗ける
のでは!?とふと思い、立体駐車場にちょこっとお邪魔させて頂くと・・・。

ビンゴ――(゚∀゚)――!! 見事に貨車区を一望する事が出来ました。
12.JPG

しかも構内には、なんと!! シキ611の姿まであるではありませんか!! (ノ゚ο゚)ノ ビックリ!!
13.JPG

シキ車に会えるとはめちゃくちゃ ラッキー!! でした。
14.JPG

修繕票サシには赤線票(というそうです。ここのブログを参考にさせてもらいました。)
が入っていたので、交番検査期限切で入場しているものと思われます。
15.JPG

一緒にいたヨ太郎君にも
16.JPG

赤線票が挿されていました。
17.JPG



久々のシキ車を撮影して大満足のあとは、ふたたび駅周辺を散策します。
NISSANコンテナ(U20A)の廃コンなどを眺めつつ歩いて行くと、
18.JPG

おっ!! 原色のEF65PF君がいるのが見えますね^^
19.JPG

珍しいコンテナは無いかしら~と、さらに進むと廃コン置き場の右上には
20.JPG

以前も1度紹介したZ19A(フォークリフト荷役練習用コンテナ)が鎮座して
いました。(コレは廃コンでは無いと思いますが・・・)
21.JPG

その先にある機関車留置線には昼寝中のカマたちが留置されていました。
22.JPG

先程の原色PF君は2139号機でした。
23.JPG

ここは障害物が多いので正直形式写真の撮影はちょっとしづらいのですが、
バラエティーに富んだコンテナたちを手軽に撮影出来るので、お気に入りの
場所です。 (´ω`)
24.JPG

この日も初見の宇部興産のUH20Aや
25.JPG

緑一色のDOWA(同和鉱業)の産廃コンテナなどを撮影する事が出来ました。
(手前のUT11Aタンクコンテナも同和通運の廃アルカリ液のコンテナだそうです。)
ぱっと見DOWAの専用列車の様に見えますね。
26.JPG

駅を一周して最後に南千住駅近くの跨線橋のポイントに着きましたが、見事に
なにもいなかったのでこの日の撮影は終わりとしました。
27.JPG





【おまけ】
駅の最南側の線路に現役を引退したはずのコキ50000の姿がありました。 (・・?)) ハテ
28.JPG

車票を確認してみると、どうも訓練車としてここにやって来たみたいですね。
29.JPG
ここでは今しばらくの間コキ50000の姿が見られそうです。 ( ´∀`)




nice!(57) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月某日 多度津工場 [貨物駅・車両所・機関区]

前回の水臨と前後しますが、5月中旬に多度津工場で長らく保管されていた
キハ58 293とキハ28 2002が解体線に移動したとの情報がネットに出ている
のを見て居ても立ってもいられず、多度津へ行って来ました。

現地についたので早速工場内を覗いてみます。 ┃_・)ジー
1.JPG

おっ!! 色々と見えますね~ 工場内はあとでじっくりと見る事にして、早速
工場裏手にある解体線の方へ向かいます。
2.JPG



工場裏の解体線に着くと、ネットの情報通りキハ58 293とキハ28 2002の
姿がそこにありました。 (´;ω;`)ブワッ
3.JPG

まだ両車ともその姿をとどめていましたが、傍らには重機や廃材トラックがいる
状況でしたので、やはり解体は免れないみたいです。
4.JPG

キハ58 293の後ろに連結されたキハ28 2002(元キハ28 2)の方はすでに
窓ガラスが外されているのが確認出来ました。特にキハ28 2002は現存する
最古のキハ28でしたので残念です。
5.jpg


こちらは2009年の工場公開で展示されていたキハ58 293です。廃車後の
しばらくの間は引退時の赤ひげ付の姿で保存されていました。
6.JPG

キハ65 34が四国鉄道文化館で保存されるまでは工場内でペアで保存されて
いました。個人的には多度津工場訪問時に彼らの姿を見るのがひそかな楽しみ
でした。
7.JPG



キハの姿を撮影したあとは、工場入口に再び戻り構内を覗いてみました。
8.JPG

好物のスイッチャー君は奥の定位置で昼寝中でした。ピンクに塗り替えられて
から、まともに撮影した事が無いので今度は動いているところを撮影したいもの
です。保存貨車のワラ1とトキ25797の姿もありました。
9.JPG

解体準備中?(それとも整備中?)のキハ47の姿も見られました。
10.JPG

右側の一番奥の留置線には8000系電車が留置されていました。
11.JPG

ここにはいつも御隠居中の車両が留置されているので、8000系の様な車両が
留置されているのに違和感を感じます。貫通路の扉に部品取り禁止の張り紙
があったのが、ちょっと気になります。(まさか廃車!?)
12.JPG

前回の訪問時はキハ58 293とキハ28 2002がここにいました。
13.JPG

キハ28 2002はすでに車体の痛みが目立っていました。
14.JPG

さらに昔は初代フリーゲージトレインと湘南色のクハ111がここにいるのが
見られました。
15.JPG



今度は左側最奥部の方を覗いてみます。DE10 1139や2000系中間車がいる
横になんと!! キロハ186-1の姿がありました。最近、目撃情報がネットでも見当
たらなかったのですでに解体されてしまったものと思っていましたが、まだ健在で
良かったです。 ( ´∀`)
16.jpg


最後は保存貨車のワラ1とトキ25797を確認します。トキ25797の方は以前の
ままの放置状態でしたが、
17.JPG

ワラ1の方は車体の再塗装がされていました。但し、表記類がすべて黒く塗り
つぶされていたので、逆に残念な感じになってしまっていました。貴重な車両
ですので、是非表記類の復活をお願いしたいものです。
18.JPG

こちらが以前のワラ1の姿です。
19.JPG


多度津工場訪問の後は多度津駅に向かいました。
次回に続きます。 (・ω・) ノシ





nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 貨物駅・車両所・機関区 ブログトップ