So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

8月某日 岩国航空基地 [その他(飛行機)]

しつこく続きます。 (・ω・)ノ

海上自衛隊 呉基地を見学した後は翌日の日本製紙専用線の撮影の為、宿泊
する岩国に向かいました。岩国には夕方に到着したので、ちょこっと岩国基地に
寄って見ました。
1.jpg

いつもの滑走路エンドに到着したので、さっそく基地の中を観察してみましたが
戦闘機の皆さんはお休み中みたいでした。
2.jpg


そんなこんなしていると、遠くに着陸して来るP3-Cの姿が見えて来ました。
3.jpg

エンジンからの黒煙がすごいですね^^
4.jpg

無事着陸しました。
5.jpg

いや~かっこいいっすね。
6.jpg

7.jpg

8.jpg


その後、ANAの定期便が離陸したのち、
9.jpg

P3-Cがこちらに向かって離陸して来ました。
10.jpg

先程着陸してきた機体ですね。
11.jpg

夕方は順光で撮影出来るのでいいですね。 ( ´∀`) この日軍用機は残念ながら
このP3-Cしか撮影する事が出来ませんでした。
12.jpg

バイなら~ (´・ω・)ノ
13.jpg




翌日、日本製紙専用線を撮影した後に、もう一度岩国基地を覗いてみましたが
残念ながらこの日も基地内はシーンとしており、
14.jpg

ANAの定期便以外で撮影出来たのはアメリカ軍のチャーター機のオムニエアの
ボーイング767-300ERと
17.jpg

18.jpg

電子戦訓練支援機のU36-Aだけでした。
15.jpg

16.jpg

それでも珍しい機体が撮影出来たので、大満足です^^
19.jpg





【おまけ】
写真ではわかりづらいですが、岩国基地の滑走路にはアレスティング・ワイヤー
(着陸・着艦制動装置)が設置されています。戦闘機の緊急着陸時や空母艦載
機の着艦練習用に使われていると思われます。
20.jpg

訪問した日はアレスティング・ワイヤーを点検しているところも見る事が出来ました。
21.jpg



次回、最終回です。 (・ω・) ノシ






nice!(40) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月某日 海上自衛隊 呉基地 [フェリー・艦船・船]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

午前中、瀬野八と広島車両所の撮影をした後は「呉艦船めぐり」に乗船する為に
呉に向かいました。艦船めぐりの乗船時間まで時間があったので、お気に入りの
「てつのくじら館」を見学したのち
1.jpg

2.jpg

呉中央桟橋ターミナルへ向かいました。
3.jpg

出航の時間になったので「呉艦船めぐり」に乗船します。
4.jpg

出航すると、ちょうど入港してきた石崎汽船の旭洋丸(松山観光港~呉~広島)と
5.jpg

瀬戸内シーラインの古鷹(呉~江田島)の姿を見る事が出来ました。
6.jpg

また、ジャパンマリンユナイテッド呉事業所ではドックに入渠中の海翔丸(関門
航路の浚渫を主任務とする国土交通省所属の浚渫兼油回収船)や
7.jpg

建造中のタンカー船『丹沢』の姿を見る事が出来ました。
8.jpg

こんなのも目の前にいました^^ 
9.jpg



そんなこんなしていると、いよいよ呉基地が近づいて来ました。この日はラッキー!!
な事にDバースには輸送艦『しもきた』が停泊していました。
11.jpg

しかもウエル・ドックの扉が少し開いていて、搭載されているLCACの姿まで見る事
が出来ました。 ヾ(゚∀゚ )ノ イエーイ!!
12.jpg

また、Eバースの方は護衛艦『とね』と
14.jpg

練習艦『やまゆき』が停泊していました。
13.jpg

15.jpg

『やまゆき』のお隣には補給艦『とわだ』が停泊していました。
16.jpg

この『とわだ』写真の通り、かなりの巨体なのですが、対岸のFバースには・・・
17.jpg


イタ―――(゚∀゚)―――!! さらに巨大な『かが』がいました!! ちょうど接岸作業中で
タグボート3隻が巨大な船体を押していました。
18.jpg

いや~半端なくデカいっす。 (ノ゚ω゚)ノ デケー
19.jpg

甲板後部の右舷には巨大なデッキサイド式エレベーターが設置されているのが
見えます。
20.jpg

艦橋構造物も巨大ですね~
21.jpg


艦船めぐりの船は、ここで一旦『かが』と離れて、Sバースへ向かいます。潜水艦
救難艦『ちはや』の姿が見えて来ました。
22.jpg

こちらも相当巨大なフネですね。センター・ウエルの中を覗かせてもらいましたが、
深海救難艇(DSRV)はシャッターの奥にお隠れになっていました。
23.jpg

もちろんここのぬしである潜水艦たちも多数停泊していました。
24.jpg

『ちはや』とそうりゅう型潜水艦の並びをパチリ。
25.jpg

26.jpg


潜水艦たちを見学のあとは、艦船めぐりの船は『かが』の近くにに向かいます。
艦首のCIWSや
27.jpg

艦橋構造物
28.jpg

艦橋後部の航空管制室なども至近で見学する事が出来ました。
29.jpg

また、後部ランプから乗組員の方が乗艦するシーンも見る事が出来ました。
30.jpg


今回もあっという間の船旅でしたが、大満足でした^^
31.jpg



「呉艦船めぐり」のあとはいつものお立ち台と
32.jpg

「アレイからすこじま」に寄っておわりにしました。
33.jpg

34.jpg

35.jpg

また、来たいな~
36.jpg





【おまけ】
この日見掛けた支援船の中で一番のお気に入りだったのがコレです。
37.jpg
でっかい防舷材を両脇に抱えてヨタヨタしている姿がなんだか可愛いです^^







nice!(53) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月某日 瀬野八 [貨物日記]

前回の続きです。 (^ω^)ノ

米子で一日撮影した後は、西条駅前のホテルに泊まり、翌朝は瀬野八の撮影に
向かいました。今年の1月に訪問した時はEF67の走行写真が撮影出来なかった
ので、今回は是非撮影したいな~と思い、気合を入れて超有名撮影地の番堂原
第4踏切へやってきました。先にやってきた227系の普電や
1.jpg

押太郎の押す5070レを撮影しつつ、本命の5074レを待っていると・・・
2.jpg

キタ――(゚∀゚)――!! お目当ての5074レがやってきました。
3.jpg

今度こそEF67を撮影出来るぞーっと、ウキウキしていると・・・ あれっ!?
4.jpg

ガビーン!! なんと押してきたのは押太郎でした。残念ながら差替えになって
しまったみたいです。 (;∀;) モウヤダ
5.jpg


これで本日の撃沈が確定しましたが、その後も粘っていると広島(タ)へ
単機回送で戻って行く押太郎たちや
6.jpg

EF67 102を撮影する事が出来ました。本命のEF67が押す貨レは撮影出来
ませんでしたが、一応動いているEF67を撮影出来て良かったです^^
7.jpg

8.jpg


EF67と押太郎の姿を一応撮影出来たので、ここから移動しようかと思ったの
ですが、ふと某貨物サイトを見てみると配6866レがニーナ様が牽引している
との事だったので、そのまま待っていると・・・
9.jpg

キタ――(゚∀゚)――!! 情報通りニーナ様が配6866レを牽いて来ました!
10.jpg

現在EF66は通常東福山以西には乗り入れをしていないので、ここでEF66
を見る事が出来るのは配給列車のみとなっています。いや~来て良かった
です^^
11.jpg

12.jpg

13.jpg

配給列車には補機がつかないので、ぱっと見はただのスカコキ編成にしか見え
ませんね。( ´∀`)
14.jpg


久々のニーナ様を撮影したあとはちょこっと場所を移動して、もう一つの超有名
撮影地で
15.jpg

もう一本2086レを押す押太郎を撮影して瀬野八の撮影を終わりにしました。
16.jpg


瀬野八での撮影の後はいつものパターンで広島車輛所を覗いてみましたが、
17.jpg

残念ながら構内はシーンとしていて
18.jpg

19.jpg

スイッチャー君は定位置でお休み中でした。 (´・ω・`) ザンネン
20.jpg

21.jpg

またクラの中には検査中なのかEF67 105が寝ていました。これが運用差替え
の原因だったみたいです。
22.jpg






【おまけ】
番堂原第4踏切には写真の味のある看板が掲げられています。
23.jpg
大型ダンプが通らなそうな踏切に設置されているのが素敵です。

まだまだ続きますよ。 (・ω・) ノシ







nice!(56) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月某日 米子駅ほか [その他(鉄道)]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

前回紹介した伯耆大山の王子製紙専用線ですが、早朝の工場への引き込みと
午後の駅への引き出しの間に時間があるので、米子市内をウロウロしていました。

まずは米子駅へ。ここは駅構内に後藤総合車両所運用検修センターがあります。
1.jpg

ここに来た目的はまだお会いした事の無いキヤ143形なのですが・・・ おっ!!
いましたよ^^
2.jpg

ラッセル付で昼寝していてくれました。 ( ´∀`) ラッキー!!
3.jpg

しかもお隣にはラッセルヘッドが外されたキヤ君もいました。いや~なかなかの
ゲテモノっぷりですね~
4.jpg

ラッセルヘッドありと無しの両パターンを見る事が出来てラッキー!!でした。
5.jpg

キヤ君を無事捕獲した後はしばし駅ホームで撮影をしたあと
6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

その後は駅の外にでて、運用検修センター奥にある扇形機関庫と転車台へ。
10.jpg

転車台横には「奥出雲おろち号」用のDE10 1161の姿がありました。
11.jpg

後藤総合車両所運用検修センターを見学した後はスイッチャー君目当てで後藤駅
隣接の本所の方も覗いてみましたが
12.jpg

こちらの方は構内に動きは無く
13.jpg

末期色の115系が留置されているだけでした。
14.jpg

15.jpg



その後はまだ時間があったので、米子空港へ向かいました。滑走路エンド付近を
走っていると・・・ なんと!! 退役したYS-11とC-1輸送機ではありませんか!!
16.jpg

美保基地の顔だったこの2機種をこんな近くで撮影出来るとは感激です。
17.jpg

18.jpg

いや~ 来て良かったです。 (*´∀`) ハアハア
19.jpg


YS-11とC-1を撮影した後はお目当ての米子空港へ。
20.jpg

目的はもちろんこちらでは無く
21.jpg

この方々です^^ ラッキー!! なことにちょうどC-2輸送機とT-400訓練機がタッチ
アンドゴーの訓練中でした。
22.jpg

23.jpg

同時に訓練を行っていたので、着陸しようとしているC-2の後ろに旋回中のT-400
が見えていたりします。 (゚∀゚)アヒャ
24 (151).jpg

C-2は1機でしたが、T-400の方は複数の機体が訓練していたみたいです。
25.jpg

C-2は初めてお目にかかりましたが、C-1に比べるとだいぶデカいっすね。昼過ぎ
の訪問だったので、逆光でちょっと撮影がしづらかったですが、おなか一杯撮影
する事が出来ました。
26.jpg

ちなみに空港のデッキからは境線を行くキハの姿も遠目に見る事が出来ますよ。
27.jpg


米子空港で撮影した後、美保基地のまわりをウロウロしていると、退役したF-1
支援戦闘機や
28.jpg

T-1Bジェット練習機その他の展示機たちの姿をチラッと見る事が出来ました。
29.jpg

いつかは美保基地の航空祭で中に入ってみたいものです。






【おまけ】
久々に山陰へやって来たので、ちょっと寄り道をして以前からお会いしたかった
ワキ10000に会いに木次線沿線の某所に行って来ました。
30.jpg

以前ネットで見たときはまわりに何も無い状態で置かれていて、ワキ10000の
妻面や逆サイド側も見る事が出来たみたいですが、最近になってこの土地が
ヤードとして使用される様になったみたいで、ワキの周辺に壁や看板が設置
されてしまっていました。
31.jpg

それでも特徴的な銀色の車体は健在で、表記類もそのまま残っていました。
32.jpg

33.jpg

今は亡き梅田駅常備の文字が見えます。
36.jpg

TR203空気バネ台車や
34.jpg

10000系貨車の特徴である空気管接続部付きの密着自動連結器も確認する事が
出来ました。日立製作所の銘板も激シブです。
35.jpg





nice!(56) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月某日 伯耆大山 王子製紙専用線  [専用線日記]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

若桜鉄道を堪能したあとは米子に向かい、翌日は朝から伯耆大山の王子製紙
専用線を撮影しました。専用線の入口から構内を遠目で確認してみると、手前
側に茶色の北陸重機製の新車君と奥に松山重車両工業製のモーターカーの
姿が見えました。
1.jpg


これは新車君が撮影できるかな~と、ウキウキしながら待っていると、やって
来たのは元岡部君でした。 ヾ(○´Д`○)ノ゛ アリャリャ
2.jpg

元岡部君もここに入線してからだいぶ経ちますが、お元気そうでなりよりです^^
3.jpg


1回目の引き込みが終わると構内入換えが始まり、新車君が外に出て来ました。
4.jpg

お会い出来て嬉しいです^^
5.jpg

いや~ なかなかシブいですね。
9.jpg

茶色のボディーに金色のアクセントとえらく高級感に溢れた仕様です。 ( ´∀`)
6.jpg

どこかで見かけたお顔だと思ったら、下松の日立製作所笠戸事業所専用線の
25tスイッチャーと同型みたいです。
7.jpg

カラーが違うとだいぶ印象が変わりますね。
8.jpg


そんなこんなしていると朝の2回目の引き込みの時間となりましたが、やって
来たのはまたまた元岡部君でした。
10.jpg

同じ様な写真ですが、2回目はローアングルにしてみました。 (゚∀゚) アマリカワラン
11.jpg

後追いも撮影しました。コキ車の横に止まっているビートルとタイプⅡのトラックが
なんともいい感じです。
12.jpg

ここは以前は運送会社の営業所でしたが、いつの間にか車屋さんに変わって
いました。それにしてもシブい並びですね。
13.jpg


朝の引き込みを撮影した後は伯耆大山駅へ。ここは以前はJRのスイッチャーが
入換を行っていましたが、駅構内の入換が電機化されたという事だったので、
確認しに来ました。情報通りスイッチャー君の姿は消えてしまっていました。
14.jpg

駅の外れでは原色のEF64 1023がお昼寝中でした。このお方がこの日の駅構内
入換え担当みたいです。
15.jpg

せっかくなので近くに行ってみると、ちょうどパンタが上がり仕業点検が始まった
ので、しばし見学させてもらいました。
16.jpg

その後程なくして、ロクヨンセンによる入換えが始まりました。奥の方に更新色の
ロクヨンセンの姿も見えます。
17.jpg

と、いっても伯耆大山駅横のヤードに留置されていたコキ車を牽いて、コンテナ
ホームに据え付けるだけなので入換えはあっという間に終わります。
20.jpg

18.jpg

以前は写真のJRのスイッチャー君が入換えを行っていました。個人的にはやはり
スイッチャー君の方が好みですが、これも時代の流れなので致し方ないですね。
19.jpg



朝の撮影の終了後は午後の便まで時間があったので、伯備線を行く3084レを
撮影したり米子駅や米子空港で撮影などして(次回の記事で紹介します)
21.jpg

またまた伯耆大山駅に戻って来ました。伯耆大山駅横のヤードにはEF64 1023
がスタンバっていました。
22.jpg

そして程なくして、スイッチャー君が紙製品を満載したコキ車を牽いて工場から
やって来ました。午後の便は新車君が担当でした。
23.jpg

スイッチャー君が牽いて来たコキ車をロクヨンセンが受け取りに向かいます。
24.jpg

以前は写真の様に専用線のスイッチャーとJRのスイッチャーとの共演が見られ
る全国的にも貴重な場所でした。
25.jpg

スイッチャー君はしばし駅で休憩ののち、
26.jpg

単機で工場へ戻って行きます。
27.jpg

2回目の引き出しは朝と同じ場所で撮影しました。
28.jpg

最後に工場の入口に留置されていたお気に入りの日立君を撮影して終わりに
しました。久々の訪問でしたが、工場も盛業中の模様で良かったです。末永く
この風景が残って欲しいものです。
29.jpg





【おまけ】
2015年3月のダイヤ改正で廃止になった米子貨物駅の様子をちょこっと覗いて
来ました。構内の一部は駐車場として利用されているみたいでしたが、比較的
廃止当時のまま残っていました。
30.jpg

コンテナホームの上屋や貨車検収庫は撤去されていましたが、ヤード灯や
31.jpg

線路もそのまま残っていました。
32.jpg

またJR西日本の砕石線も現役の模様で、ホキ車たちがたむろしていました。
黒ホキも全国的に減りつつあり、今後は貴重なものになって来そうですので、
出来るだけ記録して行きたいものです。
33.jpg


次回に続きます。 (・ω・) ノシ




nice!(55) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月某日 若桜鉄道 [博物館・保存車両他]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

柵原ふれあい鉱山公園を訪れた後は数年ぶりの訪問になる若桜鉄道に向かい
ました。まずは若桜駅からスタートです。ここも柵原ふれあい鉱山公園と同様に
『昭和』が溢れていて、大好きな場所です。 ( ´∀`)
1.jpg

いつもの面々も健在でした^^
2.jpg

綺麗に手入れがされていますね。
3.jpg

ピカピカです。
4.jpg

いや~たまりませんね~^^
5.jpg

C12 167は一時期ピンクに塗られたみたいですが、やはりこちらがいいですね。
6.jpg

DD16 7の方もピカピカでした。
7.jpg

DD16の奥の方には
8.jpg

JR四国からやって来た12系客車と『八頭号』が並んで昼寝していました。以前は
オリジナルカラーの車両だけでしたが、若桜鉄道にも水戸岡氏デザインの車両が
導入される時代になってしまったのですね。デザインの良しあしについては述べ
ませんが、これだけ全国各地に同じ様なデザインの車両が増えると、かえって
没個性的な気がします。
9.jpg

12系客車は1両目のスロフ12 3は比較的綺麗でしたが、オロ12 9とスロフ12
6の塗装の方はだいぶ劣化していました。12系も入線からだいぶ時間が経ち
ましたが、中々活躍の機会が無いみたいで残念です。C12 167の本線復活
にはまだ時間が掛かりそうなので、それまでの間はDD16 7が12系を牽けば、
観光資源になると思うのですが・・・
10.jpg

11.jpg


それにしても駅構内は良い雰囲気ですね~ 癒されます。
12.jpg

13.jpg

14.jpg

おっ!! 構内の最奥部に大好物の姿が見えますね。
15.jpg

・・・という事で近寄ってみました。ここには道の駅若桜の裏手からアプローチ
する事が出来ます。
16.jpg

冬に活躍する車両でこの時期は夏眠中なので、若干自然に還りつつありました^^
17.jpg



若桜駅を堪能した後は八東駅へ。こちらも味のある駅舎ですね。
18.jpg

ここには貨物ホームにワフ35597が保存されています。宇都宮貨物ターミナルで
保存されていた車両がここにやって来ました。
19.jpg

いや~ たまらない光景です。 (*´д`*) ハァハァ
20.jpg

貨物側線現役の時代を模して展示されています。
21.jpg

ちなみに子供の頃に最初に買ったNゲージがトミックスのワフ35000だったり
します^^ (子供の頃から貨物好きの変わり者のガキでした)
22.jpg


八東駅を訪問した後は隼駅へ。
23.jpg

駅の内外は相変わらずSUZUKI 隼で溢れていました。 (゚∀゚)アヒャ
24.jpg

また、保存されている元北陸鉄道ED301とオロ12 6は健在でしたが、
25.jpg

ナンバー類はすべて取り外されてしまっていました。
26.jpg


そんなこんなしていると列車がやって来たのでパチリ。やって来たのはオリジナル
カラーのWT3004号でした。
27.jpg

せっかくのなので保存車との並びも^^
28.jpg



隼駅で撮影した後は船岡竹林公園で保存されているワフ29041を見学に行った
のですが、残念ながら休園日だったので、
29.jpg

近くの秘密の場所に保存されている車両たちをちょこっと見学したのちに、
30.jpg

31.jpg

32.jpg



最後に鳥取鉄道部西鳥取車両支部と、
33.jpg

34.jpg

自然に還りつつある旧湖山貨物駅ヤードを見学してこの日は終わりにしました。
35.jpg

奥に写っているコンテナは現役の湖山オフレールステーションですが、コンテナの
数の少なさが気になります。
36.jpg







【おまけ】
鳥取駅の程近くには知る人ぞ知る『謎』の公園があります。
37.jpg

『鳥取鉄道記念“物”公園』といいます。
38.jpg

公園内には鉄道に関する部品や
39.jpg

レールとホームが展示されています。この公園は高架化前の鳥取駅を記念して
作られたそうで、ここで展示されているものは実際に鳥取駅構内で使用されて
いたものとの事です。
40.jpg

保存車輛が全く居ない鉄道公園というのが逆に珍しいですね。 (´ω`)






nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月某日 柵原ふれあい鉱山公園 [博物館・保存車両他]

7月末から8月頭にかけて、岡山~鳥取~広島~山口をめぐって来ました。( ´∀`)

まずは約1年ぶりの柵原ふれあい鉱山公園に向かいました。ここはいつ来ても良い
雰囲気ですね~。吉ヶ原駅の駅舎も趣があります。
1.jpg

ここは駅長猫発祥の地だったりします。初代の『コトラ』は既に天に召され、現在は
2代目の『ホトフ』が展示運転日に勤務しているそうです。
2.jpg

駅舎の中は懐かしい『昭和』時代で時間が止まっています。
3.jpg

4.jpg

改札口から見たホームの様子も素敵です。
5.jpg

6.jpg

個人的にはこの便所看板に萌えます^^
7.jpg

8.jpg


この日は構内踏み切りのすぐそばにキハ702が昼寝していました。最近再塗装
されたみたいでピカピカでした。
9.jpg

構内踏切の雰囲気も最高です。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

ホームの廃止当時のままで保存されています。
13.jpg

14.jpg

15.jpg

いつもの場所にトラ・ワムの貨物編成もいました。DD13-551の牽くこの編成を
是非撮影したいものです。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

柵原鉱山資料館横にはワフ102とトム519がいました。
19.jpg

また、奥の検収庫内ではキハ303とキハ312が整備中でした。
20.jpg

21.jpg


柵原鉱山資料館前に保存されている、私の大好物のこの方々も健在でした。
22.jpg

一部配置が変更になったみたいですね。
23.jpg

24.jpg

この方々も動いてくれたら、最高なのですが^^
25.jpg


最後に踏切から構内を撮影します。おっ!! 右側に見慣れない方がいますね~
(既に上の写真にもあっちこっちで写っていますがww)
26.jpg

貨車の前にスイッチャー君が鎮座していました。実はこの方にお会いする事を
目当てにやって参りました。個人所有の車両をここで預かっているそうです。
27.jpg

いや~たまらんですね。鼻血ブー!! です。
28.jpg

近寄ってもう1枚。キョトーンとしたお目目が特徴的な子ですね。 (°ω°) キョトーン
29.jpg

塗りつぶされているので分かりづらいですが、近畿車輛にいた子らしいです。
しかもニチユ製です。ニチユ製のスイッチャーはいまでは中々お目にかかれ
ませんので、ひとり興奮しまくりでした。
30.jpg

31.jpg

DD13-551との2ショットも ( ゚д゚)ポカーンと(°ω°) キョトーン
32.jpg

こっちもいいっすね~
33.jpg


最後に展示線の先にある黄福柵原駅の方にも行ってみました。
34.jpg

35.jpg

36.jpg

こちらにはホハフ2003が留置されていました。
37.jpg





【おまけ】
柵原鉱山資料館の裏に中鉄北部バスの激シブの日野ブルーリボンがいました。
私、この世代のバスが大好きなのですが、地方でも大分少なくなって来ました。
38.jpg

せっかくなので、元岡山臨港鉄道のキハ7001号との2ショットも^^
39.jpg




次回に続きます。 (・ω・) ノシ




nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岡山国際 SFJ&F4サマーフェスティバルin岡山 [モータースポーツ]

6月のスーパーF3レースに引き続き、7月末に開催されたSFJ&F4サマーフェス
ティバルにまたまた出掛けて来ました。 ( ´∀`)

この日のメインはF4 JAF地方選手権 第6戦とスーパーFJ 岡山シリーズ 第4戦
でしたが、その他にもスーパーカートの岡山シリーズ 第3戦やFormula U17 &
Senior 第3戦、翌日開催のその他レースのフリー走行など盛りだくさんでした。

午前中にサーキットに到着すると、ちょうど翌日開催のVitz Race 関西シリーズ
のフリー走行が行なわれていました。
1.jpg

2.jpg


しばらくして、Vitzたちのフリー走行が終了すると、今度はスーパーカート岡山
シリーズ第3戦の決勝が始まりました。かつてF1が開催された国際サーキットを
走るちいさなカートたちの姿が面白いです。
3.jpg

4.jpg

バトルも中々迫力があります。
5.jpg

6.jpg

いや~かっこいいっすね。
7.jpg

8.jpg

9.jpg

ちっちゃいカートたちですが、とんでもないスピードでかっとんでいました。8周の
短いレースでしたが、めちゃくちゃ楽しめました^^
10.jpg


スーパーカートの後は、以前も紹介したFormula U17 & Seniorの第3戦の
決勝が行なわれ、今回もJuju選手が優勝しました。
11.jpg

今回も超有名スポンサーのマシンが参戦していました^^
12.jpg

13.jpg


その後はお昼を挟んでまたまたVitzのフリー走行が行なわれたのち、今度は
VITAとフォーミュラEnjoyのフリー走行が行なわれました。
14.jpg

15.jpg

フォーミュラEnjoyのマシンは初めて見ましたが、フォーミュラマシンもいろいろ
あるのですね。
16.jpg

結構かっこいいすっね。
17.jpg

18.jpg



VITAとフォーミュラEnjoyのフリー走行が終わるといよいよこの日のメインのF4
レースがスタートしました。
19.jpg

フォーミュラEnjoyと比べると迫力が段違いです。
20.jpg

21.jpg

スゲーかっこいいっす。 (`・ω・´)
22.jpg

23.jpg

24.jpg

15周の決勝レースのあいだ、白熱したバトルがそこかしこで見られました。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

攻めすぎたのか最終コーナーでコースアウトしているマシンも見られました。 (^_^;)
28.jpg

29.jpg



F4レースの後はこの日最後のスーパーFJ 岡山シリーズ第4戦が行われました。
30.jpg

前回の第3戦と比べて多くのマシンのエントリーがあったので、迫力あるスタート
シーンが撮影出来ました^^
31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

こちらが第4戦で優勝した56号車 TPS・KK-SⅡ・制動屋のマシンです。
37.jpg

いや~お腹いっぱいです。今回もめっちゃ面白かったです。 (゚∀゚)アヒャ






【おまけ】
この日もオープンピットだったので、ピット裏をウロウロして来ました。
38.jpg

目立つ場所にはVitzが勢ぞろいしていた他、
39.jpg

セーフティーカー・オフィシャルカーたちも並んでいました。
40.jpg

ビックホーン懐かしいですね~
41.jpg

また、めっちゃ懐かしい車の姿も見られました。
42.jpg

個人的にはこのY30セドリックのバンに一番萌えました^^
43.jpg





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月某日 JXTGエネルギー根岸製油所専用線 [貨物日記]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

お昼過ぎまで神奈川臨海鉄道を楽しんだ後は、まだ時間があったのでひさびさに
根岸駅を覗いて来ました。駅に着くと、ちょうどEF65PFの牽く川崎貨物駅行きの
5692レがスタンバっていました。
1.jpg

ちょっと見づらいですが、最後尾に海コンを載せたコキ車が連結されています。
2.jpg

タキ車の間から専用線内のスイッチャー君の姿が見えました。この日の御担当は
NDD5601みたいです。
3.jpg

そんなこんなしていると突然EH200-5が機回してやって来ました。このあとの
倉賀野行きの8777レを担当します。
4.jpg

EH200-5の機回しが終了すると、
5.jpg

EF65PFの牽く5692レが出発して行きました。真夏の石油閑散期なので、駅の
構内にいるタキ車はかなり少ないですね。
6.jpg


その後しばらくすると、専用線の方から列車がやって来るのが見えて来ました。
7.jpg

8.jpg

操車さんたちがかっこいいっすね~
9.jpg

10.jpg

専用線からやって来た列車は駅に着くとすぐにタキ車から切り離されて、
11.jpg

機回しを行い、
12.jpg

留置されている空車タキを牽いて、
13.jpg

14.jpg

あっという間に専用線へ帰って行きます。
15.jpg

ちょうど根岸線の電車が来たのでパチリ^^
16.jpg

短い時間でしたが、スイッチャー君の入換が撮影出来て良かったです^^





【おまけ】
ピカピカの全検明けの仙台北港駅常備のタキ1000-638がいました。もしやと
思い検査表記を見ると・・・
17.jpg

令和に入ってからの出場車だったので、西暦表記に変更になっていました。
18.jpg

もう一両ピカピカのタキ1000-19もいましたが、
19.jpg

こちらは平成の終わりに全検出場しているので、従来の元号表記でした。
20.jpg

どうでもいいネタですみません。 <(_ _)>





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月某日 神奈川臨海鉄道 [貨物日記]

そういえば最近ちょっと神奈臨が御無沙汰になっているな~と思い、半年ぶりに
川崎貨物駅へ行って来ました。 ( ´∀`)

お昼前に駅に着くと、構内では絶賛入換え中でした。ここは複数の列車が同時に
入換えをしている様子が見れるのが魅力的です。写真にも2本の同時に入換中
の列車が写っています。ちなみに左端に見えるコキ車はお昼の203レで千鳥町
駅に向かう編成になります。
1.jpg

目の前にメタノールコキと石油タンク車が併結された列車がやって来ました。
このあと8763レで倉賀野に向かう列車になると思われます。
2.jpg

コキ+タキの併結編成がいいですね~ (*´д`*) タマラン
3.jpg

神奈臨のクラの方を覗いてみると・・・ んっ!? 見慣れない方が昼寝していますね。
4.jpg

近寄って見ると、なんと!! ピカピカな検査明けと思われるDB-3がいました。1月
の訪問時にお会いしたDB-1に続き、神奈臨のスーパーレアキャラに会う事が
出来ました。
5.jpg

お次は川崎車両所の方を覗いてみます。残念ながら動きは無さそうなので、
この日メインの千鳥町線へ向かう事にしました。
6.jpg


暑さにへろへろになりながら、なんとか千鳥町線の西群線に到着しました。後ろに
見える日本触媒川崎製造所千鳥工場から出荷される液化酸化エチレンのタンク
コンテナを載せたコキ車がいるので、この日も無事運行がありそうです^^
8.jpg


そんなこんなしていると、川崎貨物駅から203レがやって来ました。
9.jpg

おっ!! ラッキーな事にDD55 18が牽いて来ました。西群線に到着した203レは
10.jpg

一旦市営埠頭側まで引き上げられたのちに、
11.jpg

牽いて来たコキ車を荷役線に押し込んで、
12.jpg

13.jpg

その後機回しを行い、今度は先に留置されていた列車に連結して、204レとして
川崎貨物駅に戻って行きます。
15.jpg

この日は中々の長編成でした。液化酸化エチレン輸送も好調な様ですね。
16.jpg

17.jpg

機回しが終わるとあっという間に出発して行きました。いや~ここはいつ来ても
最高のシチュエーションですね~ 熱中症になりかけながらもやって来た甲斐が
ありました。 (゚∀゚)アヒャ
18.jpg

その後、荷役線では早速、液化酸化エチレンの荷役が始まっていました。
19.jpg

今度は久々にこの方々による入換えの様子を撮影したいものです。
20.jpg

21.jpg


千鳥町線を撮影した後は、浮島線の310レと
22.jpg

川崎貨物を行く貨レをさくっと撮影して終わりにして、次の目的地へ向かいました。
23.jpg



次回に続きます。 (・ω・)ノシ





nice!(70) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岡山国際 N-ONE OWNER'S CUP [モータースポーツ]

最終回です。 (・ω・)ノ

この日はF3とスーパーFJの他にもN-ONE OWNER'S CUP 第5戦が開催され
ました。N-ONE OWNER'S CUPはその名の通り、HONDA 『N-ONE』による
ワンメイクレースで今年は全国主要8ヶ所のサーキットで全14大会も開催される
そうです。この日は第5戦が開催されました。

お昼前にピット裏をウロウロしていると、多くのN-ONEが準備中でした。それに
してもすごい台数ですね~。
1.jpg

全国から参戦しているので、いろんなナンバーのN-ONEの姿が見られました。
カラーリングも皆さん結構凝っているので、眺めているだけで楽しいです^^
2.jpg

3.jpg


そんなこんなしているとスタートの準備が近づいて来たので、メインスタンドへ
移動しました。程なくして各マシンが続々とコースインしてきて、グリッドにつき
ました。フォーミュラーのレースとはまた違った雰囲気がいいですね。 ( ´∀`)
4.jpg

いや~すごい台数ですね。この日はなんと!! 40台も出走したそうです。 (ノ゚ω゚)ノ スゲー
5.jpg



1周のフォーメーションラップの後でいよいよレースが始まりました。スタートを
メインスタンドで見送った後は最終コーナーで撮影を開始しました。
6.jpg

台数が多く、また各マシンの性能の差も少ないので、そこかしこでバトルが
繰り広げられていました。
8.jpg

チョー楽しいっす^^ このわちゃわちゃしたレースを眺めていると、なぜか
『チキチキマシン猛レース』を思い出してしまいました^^
7.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg



最終コーナーで撮影のあとはマイクナイトコーナーへ
13.jpg

ひっきりなしにマシンがやって来ます。
14.jpg

15.jpg

様々なカラーリングのマシンが見れて楽しいですね~
16.jpg

17.jpg

18.jpg


最後はホッブスコーナーで
20.jpg

21.jpg

22.jpg

レースはこちらの36号車 DLヌヴォラーリwxN-ONEが優勝しました。
19.jpg

23.jpg


わずか8週のレースでしたが、めちゃくちゃ面白かったです。 (゚∀゚)
24.jpg





【おまけ】
この日は各レースの合間に翌日開催されるレース(サーキットトライアル・VITA・
ミニチャレンジ・チャレンジカップレースN1-86/Nゼロ86)のフリー走行の様子も
見る事が出来ました。
25.jpg

26.jpg

30.jpg

個人的にはこのVITAのマシンたちが見ていて面白かったです。
27.jpg

28.jpg

29.jpg

このあり得ない並びがたまりませんね~
31.jpg



いや~盛りだくさんでした。さすがにお腹いっぱいです^^






nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岡山国際  スーパーFJ 岡山シリーズ [モータースポーツ]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

前回紹介した通り、この日のメインはスーパーF3レースでしたが、その他にも
レースが開催されました。今回はスーパーFJ 岡山シリーズ第3戦の様子を紹介
します。 ( ´∀`)

午前中F3の予選が終了すると程なくしてスーパーFJの予選が始まったので
F3同様にCパドック近くのリボルバーコーナー・ヘアピン付近で撮影しました。
スーパーFJはフォーミュラーレースの入門編として位置付けられていますが、
間近で見ると中々の迫力でした^^

22号車 Giddy up KKSⅡ yamasyo
1.jpg

6号車 LAPS萬願亭KRS・KKS2
2.jpg

71号車 チームZENKAIRACING
3.jpg

2号車 ラインアップ KRS KKSⅡ
4.jpg

70号車 MOAVIC レプリ KK-SⅡ
5.jpg

58号車 Rn-sports 制動屋 KK-S2
7.jpg

6.jpg

72号車 ELEVコンドルゼンカイウィンズkks2
8.jpg

81号車 SSEC☆KRS☆10V
15.jpg

10.jpg


午後の決勝もスーパーF3の決勝レース終了後に開催されました。スーパーFJの
エントリーは9台(1台はスタート出来ず)と参加台数は少なかったものの、マシン
の性能が近い事もあってバトルしている姿を結構見る事が出来ました。 (・∀・) カコイイ!!
11.jpg

12.jpg

13.jpg

いや~いいっすね~
14.jpg

15.jpg

16.jpg

お気に入りのホッブスコーナーは決勝の時間はイイ感じに逆光でした。
17.jpg

チョーかっこいいっす。 ヾ(・∀・)ノィィ
18.jpg

19.jpg


12LAPとF3の半分以下のレースでしたが、おなか一杯楽しめました^^
20.jpg

21.jpg





【おまけ】
午前中の最後にFormula U17 & Senior 第2戦が開催されました。レースは
17歳以下とシニアのドライバーによるレース!?でマシンも型落ちのF3マシンと
スーパーFJマシンが参戦しています。
22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

このレースの目玉!?が写真のF3マシンを操るJuju選手です。元F1ドライバーの
野田英樹の娘さんでなんと!! まだ13歳だそうです。13歳でF3マシンを操るとは
すごいですね。2020年以降は海外に拠点を移すそうです。
26.jpg

何気に超有名スポンサーのカラーを纏ったマシンも走っていました。
27.jpg

個人所有のマシンみたいですが、いい出来ですね~^^
28.jpg


最終回はN-ONE OWNER'S CUPの様子を紹介します。






nice!(60) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岡山国際  スーパーF3レースin岡山 [モータースポーツ]

3月にあったSUPER GT 2019年公式テストで初めてサーキットで撮影をしたの
ですが、あまりに楽しかったので、先月開催されたスーパーF3レースin岡山の
撮影にまたまた出掛けて来ました。 ( ´∀`)

訪問した日は全日本F3選手権シリーズの第6戦が行われたほか、スーパーFJ
岡山シリーズの第3戦・N-ONE OWNER'S CUP 第5戦などが開催されるなど
盛りだくさんの1日でした。

当日サーキットに到着するとちょうどF3の予選が始まったところで、車を駐車した
Cパドック近くのリボルバーコーナー・ヘアピン付近で撮影を始めました。

37号車 カローラ中京 Kuo TOM'S F317
1.jpg

2号車 TODA FIGHTEX
2.jpg

11号車 B-Max Racing with motopark F3
3.jpg

28号車 タイロクレーシング28号
30号車 TEAM DRAGON F3
4.jpg

12号車 ThreeBond F318
5.jpg

7号車 YTB by Carlin
6.jpg

36号車 カローラ中京 Kuo TOM'S F317
7.jpg

51号車 B-Max Racing with motopark F3
8.jpg


お気に入りポイントのホッブスコーナーでも撮影しました。
9.jpg

8号車 YTB by Carlin
10.JPG

真っ赤なボディーがフェラーリーみたいでかっこいいっすね。 (・∀・)カコイイ!!
11.jpg

13号車 ThreeBond F314
12.jpg

13.jpg

14.jpg

5号車 Planex・スマカメ F3
15.jpg


午前中の予選が終わった後は午後2時すぎから、マシンがピットから続々とコース
インして来て、
16.jpg

各車グリッドにつきます。
17.JPG

予選上位3チームにはレースクイーンが傘をさしてくれていますね。 (゚∀゚;) イイナー
18.JPG

そんなこんなしているとスタート1分前になりました。このあと1周のフォーメー
ションラップ後に
19.JPG


いよいよ決勝レースのスタートです!! 決勝レースは1コーナーと最終コーナー
付近で撮影しました。
20.jpg

いや~ かっこいいっすね^^
22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

65号車 B-Max Racing with motopark F3
28.jpg

35号車 RS FINE K&N F318
29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg


あっという間に25周のレースが終了しました。1位は11号車 B-Max Racing
with motopark F3のサッシャ・フェネストラズ選手でした。
33.JPG

レース終了後は1~3位のマシンとマスタークラス優勝のマシンがコース上に
並べられていました。
34.JPG

表彰式の様子です。
35.JPG

シャンパンファイトもありましたよ^^
35-2.JPG






【おまけ】
今回のスーパーF3レースも当日はパドックフリーだったので、ちょこっと覗いて
来ました。前回のSUPER GTに比べるとかなり少ない台数でしたが、今回も
かっこいいトランスポーターやモーターホームの姿がありました。
36.JPG

37.JPG

38.JPG

このピレリのトレーラー超かっこいいっす。
39.JPG




次回はスーパーFJ その他をお伝えします。 (・ω・)ノシ
40.JPG



nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6月某日 大王製紙専用線 [専用線日記]

『ことでん』をおなか一杯堪能した後は、伊予三島の大王製紙専用線へ向かい
ました。以前はここまでやって来る列車は午前の3075レと午後の3079レの
2本あり、そのうちEF65が担当していた3075レを狙ってここに来るのが常で
したが、今年のダイヤ改正で3075レが廃止になり3079レのみになってしま
いました。 (´;ω;`)ブワッ

幸い残った3079レがEF65の担当に変わり、当日は原色の2091号機だった
ので撮影に行って来ました。まずは途中の有名撮影地で撮影しつつ、
1.jpg

専用線へ。いつものように元北王子の北陸重機君がスタンバっていました。
2.JPG

塗装もいい感じに“ヤレ”て来ましたね。
3.JPG

予備機の皆さんもいつも通りの位置で爆睡していました。
4.JPG

5.JPG


そんなこんなしていると伊予三島駅から入換便がやってきました。
6.jpg

列車が到着するとスイッチャー君の出勤のお時間です。
7.JPG

入換がはじまりました。
8.JPG

何度見ても飽きません^^
9.JPG

あっという間に列車が荷役ホームへ押し込まれました。
10.jpg

ここは列車を2分割して荷役ホームへの押し込みを行なうので、スイッチャー君
が働いている姿をもういちど撮影出来ます。
11.JPG

12.JPG


荷役ホームへの押し込みが終わるとEF65 2091がやって来て、
13.JPG

14.jpg

15.JPG

荷役ホームの入口でしばし休憩します。専用線で昼寝するJRのカマというのも
良い風景ですね~^^
16.JPG


最後は専用線の裏側から撮影させてもらって終わりにしました。
17.JPG

18.JPG


また、また来たいな~
19.JPG





nice!(69) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6月某日 ことでん [その他(鉄道)]

ここのところ仕事が忙しく、ブログをサボってしまいました。 <(_ _)>

遅ればせながら、私も京急リバイバルカラーの1080形を撮影に先月久々に
“ことでん”を訪問して来ました^^

いつもの高松築港駅近くの駐車場に車を止めて、高松築港駅に向かうと・・・

イキナリ イタ―――(゚∀゚)―――!! リバイバルカラーの1080形がこちらに向かって
やって来るではありませんか。 あっという間にこの日のミッションをクリアしてしま
いました。 (゚∀゚)アヒャヒャ
1.JPG

リバイバルカラーの1080形を撮影した後は、いつものパターンで仏生山駅
に向かいます。
2.JPG

車中ではかぶりつきで前方の風景を楽しませてもらいました。前方に見えている
スプリングポイントがいい味出しています。いつ来ても良い風景ですね~
3-1.JPG

・・・などと思っていると、いよいよ栗林公園駅~仏生山駅間の複線化工事が
始まった模様で、一部では線路の敷設もされるなど風景が一変していました。
3-2.JPG

4.JPG

太田駅~仏生山駅間はまだ工事は始まっていないみたいです。
5.JPG

仏生山駅に近づくといつもの方々が姿が見えて来ました。複線化されるとここの
車両たちも立ち退きをせざるを得ないのでしょうね。これもレトロ電車が引退する
要因のひとつでしょうか。
6.JPG



仏生山駅に着きました。さっそく工場の方へ向かいます。
7.JPG

駅横の側線には1000形120号がお休み中でした。この120号は2021年の
ゴールデンウイーク時のイベント後に廃車が予定されているそうです。この
当たり前だった光景が今後見られなくなってしまうのは本当に残念です。
8.JPG

120号を撮影後、さらに奥に進んで行くと
9.JPG

おっ!! いましたよ^^
10.JPG

ピカピカの長尾線1300形と台車の横に
11.JPG

ここのぬしのデカ1様がいらっしゃいました。
12.JPG

この日は撮影し易い一番手前の線にいらっしゃたので、参拝させて頂いたあとは
いつもの如く、ひとり撮影大会を開催させて頂きました。 ( ´∀`)
13.JPG

14.JPG

いや~神々しいですね^^
15.JPG


デカ様を撮影した後は駅外れの留置線へ向かいます。途中には1070形と
16.JPG

大好物の保線車両の姿がありました。
17.JPG

また、留置線近くではちょうどやって来た京急PRカラーの1080形や
19.JPG

駅構内入換え中の1100形を撮影する事が出来ました。
20.JPG


その後はいよいよ留置線のレトロ車両との御対面です。この日は5000形500号
と3000形300号が留置されていました。
21.JPG

こちらの5000形500号は2020年のシルバーウイークのさよならイベント後に
廃車の予定だそうです。
23.JPG

3000形300号は2021年のゴールデンウイーク時のイベント後に廃車となり、
その後は撮影用・作業用車両として余生を過ごす予定だそうです。
24.JPG

レトロ電車同士が連結された風景も撮影出来なくなってしまうのですね。(´;ω;`)ブワッ
25.JPG

この激シブの13000形1310無蓋貨車もレトロ電車の引退後は解体されてしまう
のでしょうか?
26.JPG

27.JPG


留置線の車両を撮影した後は付近でちょこっと撮影をしたのち、
28.JPG

29.JPG


その後、高松築港駅に戻り京急リバイバルカラーの1080形が戻って来るのを
待っていると、
30.JPG

程なくしてリバイバルカラーが戻って来ました。
31.JPG

やっぱこのカラーがいちばんしっくり来ますね^^
32.JPG

33.JPG


いや~来て良かったです^^  また来たいな~
34.JPG






【おまけ】
巷で話題沸騰中の新元号記念IruCaですが、当然の如く買う事が出来なかった
ので、誰でも買える新元号記念IruCaに変身するステッカーを購入して来ました。
35.JPG

これは貼るだけで新元号記念IruCaになるという優れものです。しかも100円!
36.JPG

調子に乗ってプラコップや仏生山工場の写真集まで購入してしまいました。(゚∀゚) アヒャ
(おまけでさぬき弁のマナー講座のドアステッカーも頂きました。)
37.JPG





nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月某日 たまの港フェスティバル [フェリー・艦船・船]

前回紹介したYOKOSUKA軍港めぐりの翌週に、『たまの港フェスティバル』で
海上自衛隊の艦艇の一般公開があったので、ちょこっと見学に行って来ました。
1.JPG


この日一般公開される艦艇は潜水艦救難艦『ちよだ』と掃海管制艇『ながしま』
でした。『ちよだ』は前週に訪れたYOKOSUKA軍港めぐりでお会いした艦だった
ので是非見学をしてみたいと思っていたのですが現地に着くと、Σ(゜ロ゜;) ゲッ!!
とんでもない行列になっていたので早々に諦めて、
2.JPG

掃海管制艇『ながしま』の方へ。
3.JPG

こちらの列は短めですね。これなら見学出来そうです^^
4.JPG

という事で早速列に並ばせて頂きました。
5.JPG

舷門に掲げられた艇名の銘板がカッコいいです。
6.JPG

舷梯(タラップ)の近くでは呉地方隊のキャラクター『くれこ』さんがお出迎えして
くれました。潜水艦救難艦『ちよだ』は横須賀の潜水艦隊第2潜水隊群所属です
が、掃海管制艇『ながしま』は呉の掃海隊群第101掃海隊に所属しています。
7.JPG

乗船までしばらく時間があったので、列に並びながら見学させてもらいました。
舷梯の近くには機雷の模型や
8.JPG

第101掃海隊司令と『ながしま』艇長のメッセージボードが展示されていました。
9.JPG

『ながしま』のブリッジです。近くでみると結構高い位置にありますね。この日
は残念ながらブリッジの見学は出来ませんでした。
10.JPG

掃海に関わる艦艇は感応機雷に反応しない様に木造で製作されてきました。
船体をアップで撮影すると木製である事がよく分かります。近年製作される
掃海艇は木製からFRP製に変更になっているそうです。
11.JPG


そんなこんなしていると、順番が来たのでいよいよ前甲板から乗船します。
12.JPG

乗船するとまず目の前に『ちよだ』の大きなお尻が見えました^^
13.JPG

こちらは機雷処分用の20mm多銃身機銃 です。
14.JPG


前甲板を見学したあとは後方へ向かいます。途中に見られた防水扉の表記の
数々に萌えてしまいます。 ( ´∀`) モエー
15.JPG

総員離艦安全守則のプレートもありました。一番下の“サメに注意せよ”の表記
がすごいですね。
16.JPG

居住区の入口には無人潜水調査機が展示されていました。
17.JPG

このラップトップコンピューターで制御が出来るみたいですが、画面を見ても
シロウトにはさっぱりわかりませんでした。 (^_^;)
18.JPG


いよいよ居住区へ入ります。
19.JPG

士官室や
20.JPG

厨房
21.JPG

食堂などを見学する事が出来ました。
22.JPG

23.JPG

食堂にあった冷蔵庫に『ジュース絶賛販売中 私物を入れなさんな!』と
書かれたシールが貼られていたのが個人的にツボでした。
24.JPG


居住区を見学した後は後甲板へ。掃海関連の機器や装備が所狭しと並んで
いました。
25.JPG

26.JPG

27.JPG

28.JPG


あっという間の見学でしたが、貴重な体験をさせてもらえました。 タラップの近く
には先程はいなかった呉地方隊のキャラクター『くれこ』さんの相方の『やまと』君
の姿もありました。
29.JPG

30.JPG

下船時には『ながしま』のパンフレットも頂けました^^
30-1.JPG

30-2.JPG



『ながしま』を見学した後は『ちよだ』の方にも行ってみました。既に一般公開の
受付は終了していましたが、まだ多くの見学希望の方々が並んでいました。
31.JPG

それにしても『ちよだ』は巨大ですね。写真の特徴的な開口部(センター・ウエル)
は深海救難艇(DSRV)や人員輸送カプセルの昇降の為にあるのですが、深海
救難艇はどこかいな?と目を凝らして見ると・・・
32.JPG

おっ!! いましたよ^^
33.JPG

普段はここに格納されているのですね。近くで見たかったな~
34.JPG



『ちよだ』を見学していると、ちょうど呉音楽隊のコンサートの時間となったので
せっかくなので私も音楽隊の演奏を堪能させてもらいました。
36.JPG

やっぱ生の演奏はいいですね~
35.JPG

音楽隊のトラックも激シブでした。
37.JPG

音楽を堪能したあとは最後に対岸から『ちよだ』を撮影して終わりにしました。
38.JPG





【おまけ】
最後の写真は元宇高国道フェリーの乗り場から撮影させてもらいました。運航
休止になってかなりの時間が経っていますが、ターミナルは現役時代の姿を
まだ残していました。個人的にはまた復活してもらいたいですが、残っている
四国フェリーも僅か5往復にまで減便されてしまっているので、復活は難しい
そうですね。
39.JPG
nice!(68) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月某日 YOKOSUKA軍港めぐり [フェリー・艦船・船]

ゴールデンウイーク明けの出張終わりに時間があったので、久々に横須賀駅へ。
目的は新型車両での置き換えが発表されたE217系の撮影では無く、
1.JPG

艦船の撮影です^^ さっそく、ヴェルニー公園より海上自衛隊の横須賀総監部
の方を見てみると・・・
2.JPG

なんと!! 練習艦隊旗艦の『かしま』とむらさめ型護衛艦『いなずま』が並んで停泊
していました。今年度の近海練習航海の最後に横須賀に寄港したみたいです。
3.JPG

お尻の方からしか見えませんでしたが、『かしま』の姿を初めて見る事が出来て
ラッキー!! でした。『かしま』のマストには練習艦隊司令官が座乗している事を
示している海将補旗が翻っていました。 ( ´∀`)
4.JPG


『かしま』の姿を見た後は今回もYOKOSUKA軍港めぐりに乗船する事にしま
した。13:00の便に乗るべく受付に向かい、撮影のベストポジションを確保する
為に気合を入れて一番先頭で待つことにしましたw 
5.JPG

6.JPG

ボケーっとしながら待っていると、程なくして遊覧船がやって来ました。
7.JPG


一番手で乗り込み無事ベストポジションを確保した後は、軍港めぐりへ出発です。
今回も海上自衛隊第2潜水隊群司令部の前にはおやしお型潜水艦が停泊して
いるのが見られました。
8.JPG

また、今回は奥の方にもう一隻の潜水艦が停泊しているのが見られました。
もしかしたら、アメリカ海軍のロサンゼルス級かと一瞬思ったのですが、良く
見てみると、こちらもおやしお型でした^^
9.JPG

その他には修理中のアーレイ・バーク級『マッキャンベル』や
10.JPG

いつもの定位置で停泊中の宿泊艦『APL-40』が見られました。
11.JPG

『APL-40』とおやしお型が一緒に写っているのは違和感ありまくりですね^^
12.jpg

次にアーレイ・バーク級の『ジョン・S・マケイン』や『バリー』
13.JPG

同じくアーレイ・バーク級『マスティン』とタイコンデロガ級『シャイロー』
14.JPG

『アンティータム』などを撮影していると、
15.JPG


イタ―――(゚∀゚)―――!! 空母『ロナルド・レーガン』がいました!! 
16.jpg

いや~めちゃくちゃデカいっすね~ お会い出来て感激です。 (;ω;) カンゲキ
17.JPG

これが見たくて来たのですが、無事見る事が出来て良かったです^^
18.JPG

アイランド(艦橋)もデカいっすね。あとで撮影した写真を見ると下の方に何気
なく潜水艦も写っていました。 (゚∀゚)アヒャ セイルの側面に潜舵が見えるので、
ロサンゼルス級みたいですね。
19.jpg

また、沖の方ではタグボードたちにエスコートされているタイコンデロガ級
『チャンセラーズヴィル』の姿も見られました。
21.JPG



米軍横須賀基地を堪能した後は海上自衛隊横須賀基地船越地区に向かいます。
こちらには海洋観測艦『わかさ』と
22.jpg

23.JPG

同じく海洋観測艦の『しょうなん』と退役した元潜水艦救難“母”艦『ちよだ』が
並んでいました。 『ちよだ』はもう見る事が出来ないと思っていたので、また
見る事が出来て良かったです。
24.JPG

後ろにはひらしま型掃海艇『ひらしま』とえのしま型掃海艇の『ちちじま』が並んで
いました。
25.JPG

また潜水艦救難艦『ちよだ』の姿も見られたほか、
26.JPG

そうりゅう型潜水艦の姿もありました。
27.JPG



最後に海上自衛隊横須賀基地の吉倉地区に向かいます。こちらにはあきづき型
護衛艦『てるづき』と
28.jpg

たかなみ型護衛艦『おおなみ』
29.JPG

あさぎり型護衛艦『やまぎり』
30.JPG

こんごう型護衛艦『きりしま』の姿がありました。
31.JPG

いや~今回もおなかいっぱい撮影する事が出来ました^^ 





【おまけ】
この日はたくさんの艦船だけでなく、お仕事中の小型船が多数ウロウロして
いたので、有難く撮影させてもらいました。
32.JPG

ゲテモノ好きにはたまりません^^
33.JPG

34.JPG

前から気になっていた、これが動いているのを初めて見ました。 ( ´∀`)
35.JPG

ロゴマークを拡大してみるとSRF-JRMC YOKOSUKA DIVING LOCKER
“ナンデモデキマス”と書かれていました。米海軍艦船修理廠の船みたいです。
36.JPG

37.JPG

また、こよっと。 (゚∀゚)



nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月某日 アンパンマンだらけ [その他(鉄道)]

先日土曜日にちょこっと時間があったので、アンパンマンを捕獲に瀬戸大橋線の
木見駅に行って来ました。瀬戸大橋線の土日の午後はアンパンマンたちが沢山
やって来るポイントだったりします^^

まずは南風15号から撮影です。先頭車から4両目がアンパンマンのラッピング車
でやって来ました。
1.JPG

2.JPG

お次は瀬戸大橋アンパンマントロッコ3号です。キハ185とキクハ32の2両編成で
やってきます。
3.JPG

トロッコ(キクハ32)は児島駅~坂出駅の間のみ乗車できるそうです。
4.JPG

最後にしおかぜ22号がやって来ました。この日は堂々の8両編成でやって来ました。
5.JPG

それにしてもみなさん派手ですね^^
6.jpg

約1時間半の間に3種類のアンパンマンを捕獲する事が出来ました。 (゚∀゚)アヒャ



この日はその他に貴重な湘南色115系D-27編成や
7.jpg

8.JPG

瀬戸内国際芸術祭のヘッドマークが取り付けられたマリンライナーや
9.jpg

8600系のしおかぜ17号
10.jpg

ノーマルカラーの2000系の南風18号などが撮影出来ました。ここにいると
なんだか四国にいるみたいでちょっと面白いです。 ( ´∀`)
11.jpg

3月のダイヤ改正前であればJR四国の普通列車も乗り入れていたのですが、
こちらはもう見る事が出来なくなってしまったのがちょっと残念です。
12.JPG





nice!(64) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年春のシキ祭り その④ [甲種・特大]

【お詫び】今回は夜中の撮影の為、全編ほぼ真っ暗の写真でお届けします。 (゚∀゚)アヒャ

シキ祭りも今回で最終回です。 ( ´ω`)ノ

前回シキ車の入換の様子を撮影して大満足だったのですが、よくよく考えて
みるとシキ車の返却回送は夜中なので仕事終わりに頑張って行けば撮れる
事に気づいたので、高速をかっ飛ばしてまたまた石蟹駅にやって来ました。
夜中なのに、前日よりも多くの同業者ですでにごった返していました。 ( ´∀`)
1.JPG

早速ホームに行くと・・・ おっ!! いましたよ^^
2.JPG

暗闇の中でDE10+シキ800の編成がスタンバっていました。
3.JPG

シキ800“C”にしてはなんか短い気がしたのですが、よくよく見るとシキ800“B2”
になっていました。C梁の状態でも問題なく回送できるはずですが、次の輸送の
都合でしょうか?
4.JPG

5.JPG

表記もシキ800B2に変更されています。
6.JPG

こちらは前日のシキ800“C”の状態です。写真の両側材がいわゆるC梁です。
6-1.JPG

この時の表記はシキ800Cになっていました。シキ800はB梁(吊り掛け式)と
C梁(分割落し込み式)の両用タイプの大物車となっています。
6-2.JPG

宇都宮(タ)への返空の車票が入っていました。多気駅の専用線亡きあとは
シキ800のねぐらは宇都宮(タ)になったみたいですね。
7.JPG

シキ車の隣にはトランスを積んで準備万端のトレーラーの姿がありました。
8.JPG

9.JPG


もうそろそろ入換えが始まらないかな~と思いつつ待っていると、DE10 1743に
機関士さんたちがやって来ました。
10.JPG

同じ頃、EF64 1020もパンタが上がりお目覚めのご様子です。
11.JPG

しばらくすると、DE10 1743の方は前後のライトのチェックなどの仕業点検を
行なったのち、
12.JPG

13.JPG

操車さんがやって来て、いよいよ入換えの開始です。
14.JPG

EF64 1020の待つ2番線にシキ車がゆっくりとやって来て、
15.JPG

DE10 1743+シキ800B2+EF64 1020の編成になりました。この後は発車
まで約1時間あるので、色々と撮影させてもらいました。
16.jpg

シキ車自体が真っ黒なので、なんだかよく分かりませんね。 (^_^;)
17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

トレーラーの方にも行ってみました。
22.JPG

いや~かっこいいっすね~
23.JPG

24.JPG

実は前日写真↓の看板を見かけたので、シキ車の回送と一緒に変電所までの
陸送も見る事が出来るかな~ と思って来たのですが、トレーラーのまわりは
真っ暗で陸送が始まる気配は全くありませんでした。あとでもう一度看板を
確認したところ、予定時刻がAM0:00~AM5:00に書き換えられていました。
私は疲れ果てていたので、見る事無く帰ってしましましたが、実際にこのあと
真夜中に輸送が行なわれたみたいです。いつか陸送の様子もこの目で見て
みたいものです。
25.JPG


そんなこんなしていると、やっと発車の時間が近づいて来ました。
26.JPG

新見行きの最終列車がやって来たのち、日付が変わってしばらくすると
27.JPG

列車はゆっくりと出発して行きました。
28.JPG

いや~めっちゃ疲れましたが、いいものを見る事が出来ました^^






【おまけ】
久々の特大貨物輸送を見る事が出来てテンションが上がったので、秘蔵の
Nゲージを引っ張り出してみました。カマの色が違いますが、今回の編成っ
ぽく並べてみました。
29.JPG

さらにテンションが上がって来たので、所有するシキ車を全部並べてみました。
手前からシキ800C(ペアーハンズ)、シキ600・シキ810(マイクロエース)、
シキ1000(トミックス)です。
30.JPG

調子にのって大好きなスイッチャー君たちも繋げてみました^^
31.JPG





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年春のシキ祭り その③ [甲種・特大]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

石蟹駅で昼寝中のEF64 1020+シキ800C+DE10 1743の姿をおなか一杯
撮影したあとは一旦駅の外に出て、トレーラーやクレーン車を見学に行きました。
1.JPG

かっこいいっすね~
2.JPG

3.JPG

そんなこんなしていると作業員の方々が集まり、荷役の準備が始まりました。
4.JPG

テキパキと作業が進んで行きます。滅多に無い輸送だと思うのですが、さすがに
プロですね。 ( ´∀`)
5.JPG


この後は荷役準備の作業がしばらく続きそうだったので、ちょっと食事などを
しに近くに出掛けたのちに駅に戻ってみると・・・。

キタ―(゚∀゚)―!! DE10 1743のエンジンが掛かっていました!! これは入換えの
様子を撮影出来る!! とワクワクしながら待っていると、
6.JPG

その後、操車さんたちが多数登場し、そのうちのひとりの方が側線へのポイント
切り替えを行うと、
7.JPG

DE10 1743に牽かれたシキ800Cがゆっくりとやって来ました。 (゚∀゚) デケー
8.jpg

シキ車は一旦引き上げられたのち、
9.JPG

ゆっくりと側線の方へやって来ました。
10.jpg

いや~すごい迫力ですね~ 同業者の方々は皆さん駅のホーム側から撮影して
いたので、こちら側で撮影していたのは私だけでした。
11.JPG

こちら側で大正解でした。
12.JPG

こんな近くで積車のシキ800Cが動いているところを見る事が出来て感無量です^^
13.JPG

へろへろ線路の側線に超重量級のシキ車がやって来たので、盛大なキシミ音
が周囲に響いていました。 ヽ(゚∀゚)ノ アッヒャッヒャ!!
14.JPG

15.JPG

多くの作業員に見守られる中、
16.JPG

シキ車はトレーラー横の指定位置に停車しました。
17.JPG

18.JPG


最後にもう一度駅に戻り、ホーム側からも撮影させてもらいました。翌日の荷役に
備えて、DE10とシキ車はすでに切り離されていました。
19.JPG

20.JPG

荷役用の資材も準備万端みたいです。
21.JPG

変圧器の下には板が敷き詰められているのが見えました。
22.JPG

シキ車と分割の後、コロ引きで隣のトレーラーに移し替えされると思われます。
23.JPG


翌日の荷役の様子は仕事で見に来る事が出来なかったのが残念ですが、
滅多に見る事が出来ない光景を撮影する事が出来て良かったです^^
24.JPG








【おまけ】
石蟹駅隣の井倉駅近くにある、井倉洞入口にはD51 838が保存されています。
25.JPG

屋根下で保存されているので保存状態は非常に良いです。保存会の方により
定期的なメンテナンスもされているそうです。
26.JPG

お召仕様になっており、デフの鳳凰の装飾が素晴らしいです。
27.JPG

28.JPG





nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -