SSブログ
鉄道模型 ブログトップ
前の10件 | -

16番 四日市港 太平洋セメントOD451タイプ製作記 その④ [鉄道模型]

ダラダラと続けて来ましたが最終回です。 (*´ω`)ノ

塗装したボディーと下回りを合わせたのちは、ボディーに先に真鍮線で作っておいた手すりを植えて行きます。
1.jpg

手すりが入ると引き締まりますね~。 ( *´艸`)
2.jpg

合わせてその他のパーツ類も取り付けて行きます。 ヘッドライトはエコーモデルのお椀型ヘッドライトを取り付けて
3.jpg

4.jpg

テールランプはキット付属のパーツを塗装して (°ω°) スゲーチッチャイ
5.jpg

取り付けました。 合わせて端梁のカプラー横にはエコーモデルのエアホースも取り付けました。
6.jpg


さらにパーツ取付を進めます。 今回は16番のキットなので、Nゲージなら省略するボンネット点検扉のフックをトレジャータウンのNゲージ用パーツを使用して
7.jpg

取り付けました。
8.jpg

さらにキット付属のステップと
9.jpg

キャブに手すりを取り付けて
10.jpg


最後にナンバー類の取り付けを行ないました。 ナンバープレートは甲府モデルさんのオーダー製ナンバープレートを使用しました。
11.jpg

好きな番号で自分だけのナンバープレートを作って頂けるので重宝しています。
12.jpg

こちらのオーダー製ナンバープレートはベースカラーが黒・茶・赤・青・緑から文字の色が金・銀から選べますが、さすがに黄色のベースカラーは無いので全体を黄色に塗装したのち、ナンバーと枠を銀で色差ししました。
13.jpg

出来上がったナンバーはボンネット正面と
14.jpg

キャブ側面に取り付けました。 我ながらめっちゃいい感じに出来上がりました。 ( ´ω`)  また、キャブには音羽工房製のDLEL製造銘板Bにある日本車両のプレート取り付けて
15.jpg


完成しました。 ヽ(´∀`)ノ イェーイ
16.jpg

17.jpg

初めて16番キットを組み立てたので、色々やらかしていますがなんとか形にはなりました^^
18.jpg

以前作った@Gamisen2さんのNゲージと並べて(*´Д`) ハアハアしています。
19.jpg

21.jpg

22.jpg






nice!(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

16番 四日市港 太平洋セメントOD451タイプ製作記 その③ [鉄道模型]

前回の続きです。 (*´ω`)ノ マダツヅキマス

下回りに床下パーツを取り付けたのちはステップ・サイドのパーツを黄色に塗装して
2.jpg

取り付けます。
3.jpg

その後は端梁パーツの作成に掛かります。全体を黄色に取り付けたのち、ゼブラ塗装にする為マスキングテープを貼りつけます。このキットにはすでにカットされたマスキングテープが付属しているので、めっちゃ楽です^^
4.jpg

マスキングテープを貼った後は黒で塗装して、塗装が乾いたのちマスキングテープを剥がしてみると中々いい感じに出来ました。( ´∀`)
5.jpg

6.jpg


下回りの作成と合わせて車体の加工も進めていきます。ボディーを黄色に塗装して
1.jpg

キャブに切り出しておいた窓セル・窓枠・Hゴムの取り付けを行ないます。
7.jpg

窓枠とHゴムは別パーツになっていますので、塗装をしたのち取付けを行ないます。
8.jpg

いつも窓枠とHゴムの塗装で苦労するので、別パーツなのは有難いですね^^
9.jpg


その後は再び下回りに戻って自作の手すりと
10.jpg

カプラー
11.jpg

ゼブラ塗装の終わった端梁パーツを取りつけて下回りがほぼ完成しました。
12.jpg


塗装したボディーと下回りを合わせてみました。 ( *´艸`) ステキ
13.jpg

14.jpg


次回、最終回です。 (*´ω`)ノシ





nice!(37) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

16番 四日市港 太平洋セメントOD451タイプ製作記 その② [鉄道模型]

前回の続きです。 (*´ω`)ノ ドーモ

上回りのベース部分が出来上がったあとは、ディティールを表現した薄紙を切り出して
1.jpg

ベース部分に貼って行きます。
2.jpg

お次はエンジン点検扉部分を切り出して
3.jpg

同じく貼って行きます。ペーパーでこれだけのディティールを表現できるのは凄いですね~ Σ(・ω・ノ)ノ スゲー!
4.jpg

今度はボンネット上の冷却ファンなどを作って行きます。
5.jpg

6.jpg

この冷却ファンめっちゃリアルです。 ( *´艸`)
7.jpg


そのあとはキャブを組み立てて行きます。
8.jpg

出来上がったキャブを
9.jpg

ボンネットと合わせてみます。それっぽくなってきましたよ^^
10.jpg


出来上がった上回りと下回りにサーフェーサーを吹いたのちは
11.jpg

ボンネット・キャブに取り付ける手すりを真鍮線で作成しました。(本当はキット付属のパーツをそのまま使用するつもりでしたが、色々やからしたので自作したのは内緒です。)
12.jpg

手すりを作った後は再び下回りの作成を進めます。台車のパーツを切り出して
13.jpg

組立てて
14.jpg

ブラックに塗装します。
15.jpg

台車パーツを作った後はパワトラを組み立てます。今回はアルパワーのHO-24.5Bを使用しました。
18.jpg

動力装置を組み立てたのち
19.jpg

別売りの台車ボルスターを使用して
20.jpg

先に作った台車パーツを取り付けます。
21.jpg

台車が出来上がったあとは先に作っておいた砂箱などを
16.jpg

下回りに取り付けました。
17.jpg


まだまだ続きます。 (*´ω`)ノシ





nice!(39) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

16番 四日市港 太平洋セメントOD451タイプ製作記 その① [鉄道模型]

鉄道模型は基本Nゲージのワタクシですが、超マニアックなペーパーキットでお馴染みの甲府モデルさんから16番の専用線スイッチャーキットが発売されたのを見て、無意識のうちにポチっていました。 (゚∀゚)アヒャ
1.jpg

このキットはパーツの選択で日車スイッチャーの複数タイプを作る事が出来ますが、四日市港にいた太平洋セメントOD451タイプを作る事にしました。
2.jpg

このお方、個人的にお気に入りのスイッチャーなので、既にNゲージのキットでも作っていたりします^^
https://puppuku.blog.ss-blog.jp/2024-02-17
3.jpg


このキットは車体のみのキットなので、キットの他にパワトラ・カプラー・窓セルを用意する必要があります。私はその他にもエアホースやホイッスル・銘板等のパーツも用意しました。
4.jpg

こちらがキットの中身です。16番のキットなのでパーツも沢山ありますね。 (;^_^A
5.jpg


まずは下回りから作って行く事にします。ベースになる厚紙のパーツを切り出して
6.jpg

説明書通りに貼り重ねて行きます。
7.jpg

甲府モデルさんのキットはパーツ精度が良いのでサクサク組み立てる事が出来ます。
8.jpg

16番のキットは大きいのでパーツの圧着をしっかり行う必要があるのですが、専用のおもりを持っていないので部屋に転がっていたエンド表記を使って見たところ中々いい感じでした。 ( *´艸`)
9.jpg

ちなみにこれはED75についていたエンド表記です^^
10.jpg

下回りの組み立てと並行して、砂箱や床下機器の組立も進めて行きます。
11.jpg

パーツの数が多く組立は正直面倒ですが、少しずつ形になっていくのが、パーパーキットの楽しいところです。
12.jpg


下回りの準備を行なった後は上回りを組み立てて行きます。ベースになる厚紙のパーツの上に薄紙のパーツを数枚貼り重ねて行き
13.jpg

14.jpg

15.jpg

出来上がったベースの上にボンネットの骨組みになるパーツを嵌めこんで行きます。
16.jpg

その後はボンネットのベースになる厚紙パーツを切り出して
17.jpg

組み立てて行きます。
18.jpg

ここの圧着でもエンド表記が大活躍しました^^
19.jpg

20.jpg21.jpg

先に作った下回りと合わせてみましたが大きな問題は無いみたいですね。
22.jpg


長くなるので次回に続きます。 (*´ω`)ノシ






nice!(41) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ワールド工芸 TMC400A製作記 [鉄道模型]

昨年の3月に参加させてもらったレール運搬事業用車撮影会in越中島基地。時が経つのは早いもので、もう一年が経つのですね~って事で、ワールド工芸のTMC400Aを作る事にしました^^
https://puppuku.blog.ss-blog.jp/2023-04-15

1.jpg

2.jpg

越中島貨物駅にいるTMC400Aのうち東鉄カラーと黄色は以前製作しているので、
3.jpg

今回はこのユニオン建設カラーを作る事にしました。 ( ´ω`)
4.jpg


こちらがワールド工芸のTMC400Aキットです。プラスチックとエッチングパーツで構成されたキットで、接着剤を使って組み立てる事が出来ます。
5.jpg

6.jpg


さっそく組み立てていきます。まずは車体を切り出して
7.jpg

組み立てて行きます。同時に下回りも組み立てておきます。その後は車体の側面にエッチングパーツを貼り付けるので該当パーツを切り出して
8.jpg

組み立てた車体に貼り付けて行きます。
9.jpg


車体の組み立てが終わった後は端梁・手すり・開放テコを切り出して
10.jpg

塗装して
11.jpg

足回りパーツの切り出し・塗装をして
12.jpg

17.jpg

下回りを仕上げて行きます。
13.jpg


下回りが出来た後はボンネット・車体をアイボリーに塗装したのち手すりを植えて
14.jpg

キャブを塗装して
15.jpg

キャブに窓枠・窓セル・ワイパー・ライト等のパーツ取付を行なって (;゚д゚) コマケー
16.jpg

最後にボンネット前に置くエアコンの室外機パーツを
18.jpg

塗装したのち取り付けを行ない
19.jpg

20.jpg


完成しました。 ヽ(´∀`)ノ イェーイ
21.jpg

細かいところは現車とは全然違いますが、それっぽいものは出来ました^^
22.jpg

23.jpg


撮影会の如く並べて (*´Д`)ハアハア しています^^
24.jpg

25.jpg






nice!(38) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩手開発鉄道 DD5601タイプ製作記 [鉄道模型]

昨年初訪問した岩手開発鉄道。  お会いした青い機関車を是非模型で作りたいな~っと思っていたのですが、
1.jpg

2.jpg

訪問時にクラで寝ていたDD5601ならば手元にある甲府モデルさんのキットで作る事が出来るな~っという事で
3.jpg


甲府モデルさんの福島臨海鉄道DD56キットとトミックスの仙台臨海鉄道SD55105を使って作る事にしました。 (゚∀゚) ヤッホー
4.jpg

5.jpg

まずは車体を説明書通りに組み立てます。
6.jpg

お次は手すりを真鍮線で自作して取付穴をピンバイズで開けます。
7.jpg

作成した手すりを取り付けてみました。中々いい感じです^^ また、実車を模してボンネット上部もちょっと加工しました。
8.jpg


今回は機関車の制作に並行してホキ車も作成しました。 こちらも甲府モデルさんのペーパーキットになります。
9.jpg

車体を組み立てて
10.jpg

機関車と並べてみました。 ( *´艸`) ウフフ
11.jpg


再び機関車の制作に戻ります。 車体にサーフェーサーを吹いたのち
12.jpg

ブルーに塗装します。
13.jpg

その後白く塗装した手すりを
14.jpg

車体に取り付けます。
15.jpg

その後は端梁のゼブラ柄に合わせてスノープロウを塗装して
16.jpg

17.jpg

最後に車体の細かいところの色入れやナンバー・社紋の貼り付けを行ないます。 ナンバーは甲府モデルさんのオーダーメイドナンバーを使用しました。
18.jpg

19.jpg


そんなこんなで完成です!!
20.jpg

青い車体がかっこいいっす。 (・∀・) カコイイ!!
21.jpg

ホキ車を繋げた姿がたまりませんね~^^
22.jpg 

甲府モデルさんのDD56キットを使って作った機関車も3両になりました^^
23.jpg






【おまけ】
岩手開発鉄道のカマとホキ車を作ってテンションが上がったので、勢いであまぎモデリングイデアさんの岩手石橋駅も作っちゃいました。
24.jpg

現地でも見学させてもらいましたが、なんとも味わいのある駅舎でした。
25.jpg

こちらはペーパーキットですがパーツ毎に着色されているので、素組で十分楽しめます。
26.jpg

パーツの精度も高くサクサク組み立てられました。
27.jpg

このキットおススメです^^
28.jpg

29.jpg

30.jpg





nice!(39) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日車35t セミセンターキャブ スイッチャー製作記 [鉄道模型]

久々の模型ネタです。 ( ´ω`) ヒサビサー

しばらく仕事でバタバタしていて、模型作りから遠ざかっていましたが、ちょっと落ち着いて来たので、年末から年始にかけて息抜きを兼ねてスイッチャーを作っていました。

今回はNゲージスイッチャーのキットでお世話になっている@Gamisen2さんが販売している日車35tセミセンターキャブキットの四日市港タイプと日通タイプを使って
https://twitter.com/Gamisen2
1.jpg

四日市港の太平洋セメント専用線にいたこのお方と
2.jpg

黒崎の三菱化学専用線にいたこのお方を作る事にしました。
3.jpg


今回は2両のスイッチャーをほぼ同時進行で作って行く事にしました。まずは四日市港タイプの車体に取り付ける手すりを真鍮線で自作して車体にピンバイズで取り付け穴を開けて
4.jpg

仮で取り付けてみます。中々いい感じに出来ました^^
5.jpg

お次は黒崎タイプです。こちらは元の日通タイプと若干異なるところがある為、
6.jpg

不要部分を切り取りって車体を仕上げてから
7.jpg

四日市港タイプ同様に手すりを真鍮線で自作して、車体に取付穴を開けて
8.jpg

仮で手すりを取り付けてみます。こちらもいい感じです^^
9.jpg

10.jpg


車体の加工が済んだので、下回りの方に取り掛かります。 このキットはマイクロエースのDD16を使用します。
11.jpg

車体を外して手すりを撤去して連結部を加工しておきます。
12.jpg

13.jpg


車体と下回りの加工が終わったので、塗装に入りました。四日市港タイプは黄色、黒崎タイプはシルバーに塗ります。
14.jpg

黒崎タイプは緑のストライプがあるので、マスキングをしたのち、緑色を塗ります。
15.jpg

いい感じに出来ました。 (゚∀゚)
16.jpg

その後は下回りを塗装します。端梁をゼブラカラーに塗ってカプラーを取り付けます。
18.jpg

塗装した車体と合わせてみました。特に問題は無さそうだったので
19.jpg

下回りを仕上げます。加工・塗装した手すりを取り付けて、黒崎タイプの方にはテールライトも追加で取り付けました。
20.jpg


下回りが完成したのでいよいよ車体の仕上げに入ります。まずは四日市港タイプから仕上げました。車体の各部に色差しをしてから手すりの取り付け、シールで作成したナンバープレートなどを貼り付けて
22.jpg


完成しました!! 
23.jpg

24.jpg

早速TOMIXの太平洋セメントND55219タイプと並べて四日市港ごっこで遊びました^^
25.jpg


お次は黒崎タイプを仕上げました。 ライトやタイフォンを取り付けたのち
26.jpg

手すりや排気管を取り付けて
27.jpg

28.jpg


最後にシールで作成したロゴやナンバープレートをなどを取り付けて完成しました!!
29.jpg

30.jpg

これで黒崎ごっごも出来る様になりました^^
31.jpg


@Gamisen2さんの日車35t は以前作った春日井タイプと合わせて3両になりました。 キットの更なるバリエーションの拡大に期待しています。 ( *´艸`)
32.jpg






nice!(44) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

宇部岬セントラル硝子専用線スイッチャー製作記 [鉄道模型]

ある日未完成キットを漁っていると・・・

@Gamisen2さん(https://twitter.com/Gamisen2)の水島臨海 DD501、506タイプキットが出て来ました。 キットを眺めながら、なにかスイッチャーを作れないかな~と思っていたところ・・・
1.jpg

以前、宇部岬で一度だけお会いした、お目目パッチリで強烈な印象だった日立君を作れそうだな~っと、思いついたのでさっそく作ってみる事にしました^^
2.jpg


まずはお顔の加工から始めます。 お目目パッチリになる様にライト部分に銀河モデルの新型国電用ヘッドライトが入るように大きめの穴を開けたのち
3.jpg

車体に取り付ける手すりを真鍮線で作成して車体にピンバイズで穴を開けました。
4.jpg

作った真鍮線とライトを仮で入れて見たところ、中々いい感じです。 ( ´ω`)
5.jpg

見事にお目目パッチリですね~^^
6.jpg


このキットは下回りにマイクロエースのDD16を使用します。
7.jpg

車体を外して手すりを撤去したのち、連結部を加工します。
8.jpg

車体と合わせてみると、特に問題無さそうでしたので
9.jpg

車体と
10.jpg

下回りにサーフェーサーを吹いて
11.jpg

その後、車体と下回りを日通カラーに塗って行きます。
12.jpg

下回りの端梁はゼブラに塗り分けました。
13.jpg

その後は車体にライトを取り付けて、作っておいた手すりを植えて行きます。
15.jpg

16.jpg

さらに下回りにも手すりを植えて
17.jpg

ボディーと合わせてみます。とぼけたお顔がいいですね~^^
18.jpg

最後にライトの『ひさし』を取り付けて
19.jpg

完成しました。 ヽ(´∀`)ノ イェーイ
20.jpg

大きなヘッドライトにひさしもつけたので、某ガチャピンのようなお顔になってしまいました。 (゚∀゚) エヘヘ
21.jpg

早速ホキ車をつなげて宇部岬ごっこをして楽しんでいます^^
22.jpg

23.jpg





nice!(43) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩国D439タイプ製作記 [鉄道模型]

Nゲージスイッチャーのキットでいつもお世話になっている@Gamisen2さん(https://twitter.com/Gamisen2)の半キャブ貨車移動機タイプを先日製作しましたが
https://puppuku.blog.ss-blog.jp/2023-06-17
2.jpg

その時、岩国D439タイプのキットも一緒に購入していたので、今回はこちらを作る事にしました。 ( ´∀`)
1.jpg

3.jpg

4.jpg


こちらのキットは下回りにトミックスのDD13 を使用します。 そのままでは車体がハマらないので、まず下回りのランボード脇の手すりパーツを外して、車体がハマる幅に切詰め加工を行ないます。 その後、車体ととダイキャストが干渉する部分をやすりで削りました。
5.jpg

今回はこの加工が地味~に大変でした。 (;^_^ ツカレター
6.jpg


車体と下回りの加工が無事終わった後は端梁をプラバンと真鍮線で
7.jpg

8.jpg

それっぽく作って
9.jpg

その後は手すりを真鍮線で作成して車体にピンバイズで穴を開けました。
10.jpg

手すりを仮に取り付けてみました。 中々いい感じです^^
11.jpg


手すりの作成が終わった後はいよいよ車体の塗装を開始します。 まずは白色サーフェーサーを塗ったのち
12.jpg

実車の国鉄DL風塗装にすべく、白いラインを残す為のマスキングテープを貼って
13.jpg

車体を赤色を塗装します。
14.jpg

その後は車体下部とキャブをマスキングして
15.jpg

最後に車体上部をグレーに塗装します。
16.jpg

なんとかそれっぽく仕上がりました^^
17.jpg


車体の塗装が終わった後は予め作成しておいた手すりを
18.jpg

車体に植えて行きます。
19.jpg

20.jpg

いや~いい感じです^^ その後、先作成していた端梁を取り付けて
21.jpg


最後にプラ棒で作ったパトライトを取り付けて
22.jpg

23.jpg


完成しました!!
24.jpg

今までで一番作るのに手間が掛かりましたが、元製鉄所の激レア機関車が手に入って感無量です。( *´艸`) ヤッター!!
25.jpg

これでいつでも岩国ごっこが出来ます^^
26.jpg

27.jpg


今回も@Gamisen2さんの販売ページ作例に採用して頂けました! ヾ(*´∀`)ノ゙ ウレシー
https://make.dmm.com/item/1447261/
30.jpg





【おまけ】
今回はD439のナンバーに甲府モデルさんのオーダーメイドナンバーを使ってみました。
https://kofumodel.amebaownd.com/
28.jpg

こちらペーパー製とは思えないクオリティです。 自分の好きなナンバーをオーダーメイドで作ってもらえるなんて最高ですね。 ( ´∀`)
29.jpg
こちらめっちゃおススメです^^





nice!(42) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

半キャブ貨車移動機タイプ製作記 [鉄道模型]

いつもNゲージスイッチャーのキットを購入させて頂いてる@Gamisen2さん(https://twitter.com/Gamisen2)の販売ページで以前から作りたかった10t半キャブ貨車移動機2両セットが発売になっていたのでさっそく購入してみました。 ( ´∀`)

半キャブ貨車移動機のキットではワールド工芸のキットが有名ですが、こちらのキットはなんと!! 2両で5,094円(今回はアクリル製の方を購入しました。 ナイロン製なららにお安く 2,951円です)と大変お得なキットになっています。Σ(・ω・ノ)ノ! ビックリカカク!

せっかく2両あるので、今回は安積永盛にいたこの方と
1.jpg

川崎車両所にいたこのお方を作る事にしました^^
2.jpg


こちらが届いたキットです。ちっちゃくて可愛いっすね~
3.jpg

まずはいつもの如く車体表面を軽く整えたのち、手すりやステップを市販品と自作真鍮線で準備します。 ちっちゃい車体ですが、なんだかんだで結構なパーツの数になりました。 (゚∀゚)
4.jpg

パーツを準備した後は一部の手すりを車体に取り付けて
5.jpg

サーフェーサーで下地塗装を行なったのち
7.jpg

川崎車両所君は赤に
8.jpg

安積永盛君はライトグリーンに塗装しました。
9.jpg

下回りの上に載せてみました。なかなかいい感じです^^
10.jpg

このあとマスキングをして川崎車両君はランボード上部を黒に、安積永盛君はボディーの下半分を濃緑に塗り分けました。
12.jpg

車体の塗装が終わったあとはキャブにガラスを入れます。 普段は透明プラバンを使用しているのですが、キャブがあまりに小さいので、先日KATOから発売されたグルー&グレイズを使用してみました。 写真の様に窓の穴に接着剤を膜を張るように塗って乾かすと、透明なガラスの様になる優れものです。 (ノ゚д゚)ノ スゲー!!
13.jpg

車体の塗装がおわったので、川崎車両君用の手すりを白く塗ったのち取り付けて
14.jpg

煙突や開放テコ、テールランプ・ステップは@T356Xさん(https://twitter.com/T356X)が販売しているパーツセットを使用して
15.jpg

16.jpg

まずは1台完成しました^^
17.jpg

残りの安積永盛君も手すりやその他パーツを塗装して
18.jpg

19.jpg


完成しました!! あまりに小さいので難儀しましたが、なんとか出来上がりました^^
20.jpg

いや~めっちゃかわいいっすね~
21.jpg

これで安積永盛ごっこと
22.jpg

川崎車両所ごっこがいつでもできます。 (*´艸`*) ウフフ
23.jpg


ちっちゃいスイッチャーのコレクションも増えて来て嬉しい今日この頃です^^
24.jpg
左からペアーハンズチキ6167タイプ貨車移動機運搬貨車ニチユ10トン半キャブ、SHOPねこまたの貨車移動機、@Gamisen2さんの貨車移動機タイプ×2、バラストさん(@3gjmmlepx0coIzM)の10トン貨車移動機になります。





nice!(42) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 鉄道模型 ブログトップ