So-net無料ブログ作成
博物館・保存車両他 ブログトップ
前の10件 | -

7月某日 若桜鉄道 [博物館・保存車両他]

前回の続きです。 (・ω・)ノ

柵原ふれあい鉱山公園を訪れた後は数年ぶりの訪問になる若桜鉄道に向かい
ました。まずは若桜駅からスタートです。ここも柵原ふれあい鉱山公園と同様に
『昭和』が溢れていて、大好きな場所です。 ( ´∀`)
1.jpg

いつもの面々も健在でした^^
2.jpg

綺麗に手入れがされていますね。
3.jpg

ピカピカです。
4.jpg

いや~たまりませんね~^^
5.jpg

C12 167は一時期ピンクに塗られたみたいですが、やはりこちらがいいですね。
6.jpg

DD16 7の方もピカピカでした。
7.jpg

DD16の奥の方には
8.jpg

JR四国からやって来た12系客車と『八頭号』が並んで昼寝していました。以前は
オリジナルカラーの車両だけでしたが、若桜鉄道にも水戸岡氏デザインの車両が
導入される時代になってしまったのですね。デザインの良しあしについては述べ
ませんが、これだけ全国各地に同じ様なデザインの車両が増えると、かえって
没個性的な気がします。
9.jpg

12系客車は1両目のスロフ12 3は比較的綺麗でしたが、オロ12 9とスロフ12
6の塗装の方はだいぶ劣化していました。12系も入線からだいぶ時間が経ち
ましたが、中々活躍の機会が無いみたいで残念です。C12 167の本線復活
にはまだ時間が掛かりそうなので、それまでの間はDD16 7が12系を牽けば、
観光資源になると思うのですが・・・
10.jpg

11.jpg


それにしても駅構内は良い雰囲気ですね~ 癒されます。
12.jpg

13.jpg

14.jpg

おっ!! 構内の最奥部に大好物の姿が見えますね。
15.jpg

・・・という事で近寄ってみました。ここには道の駅若桜の裏手からアプローチ
する事が出来ます。
16.jpg

冬に活躍する車両でこの時期は夏眠中なので、若干自然に還りつつありました^^
17.jpg



若桜駅を堪能した後は八東駅へ。こちらも味のある駅舎ですね。
18.jpg

ここには貨物ホームにワフ35597が保存されています。宇都宮貨物ターミナルで
保存されていた車両がここにやって来ました。
19.jpg

いや~ たまらない光景です。 (*´д`*) ハァハァ
20.jpg

貨物側線現役の時代を模して展示されています。
21.jpg

ちなみに子供の頃に最初に買ったNゲージがトミックスのワフ35000だったり
します^^ (子供の頃から貨物好きの変わり者のガキでした)
22.jpg


八東駅を訪問した後は隼駅へ。
23.jpg

駅の内外は相変わらずSUZUKI 隼で溢れていました。 (゚∀゚)アヒャ
24.jpg

また、保存されている元北陸鉄道ED301とオロ12 6は健在でしたが、
25.jpg

ナンバー類はすべて取り外されてしまっていました。
26.jpg


そんなこんなしていると列車がやって来たのでパチリ。やって来たのはオリジナル
カラーのWT3004号でした。
27.jpg

せっかくのなので保存車との並びも^^
28.jpg



隼駅で撮影した後は船岡竹林公園で保存されているワフ29041を見学に行った
のですが、残念ながら休園日だったので、
29.jpg

近くの秘密の場所に保存されている車両たちをちょこっと見学したのちに、
30.jpg

31.jpg

32.jpg



最後に鳥取鉄道部西鳥取車両支部と、
33.jpg

34.jpg

自然に還りつつある旧湖山貨物駅ヤードを見学してこの日は終わりにしました。
35.jpg

奥に写っているコンテナは現役の湖山オフレールステーションですが、コンテナの
数の少なさが気になります。
36.jpg







【おまけ】
鳥取駅の程近くには知る人ぞ知る『謎』の公園があります。
37.jpg

『鳥取鉄道記念“物”公園』といいます。
38.jpg

公園内には鉄道に関する部品や
39.jpg

レールとホームが展示されています。この公園は高架化前の鳥取駅を記念して
作られたそうで、ここで展示されているものは実際に鳥取駅構内で使用されて
いたものとの事です。
40.jpg

保存車輛が全く居ない鉄道公園というのが逆に珍しいですね。 (´ω`)






nice!(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7月某日 柵原ふれあい鉱山公園 [博物館・保存車両他]

7月末から8月頭にかけて、岡山~鳥取~広島~山口をめぐって来ました。( ´∀`)

まずは約1年ぶりの柵原ふれあい鉱山公園に向かいました。ここはいつ来ても良い
雰囲気ですね~。吉ヶ原駅の駅舎も趣があります。
1.jpg

ここは駅長猫発祥の地だったりします。初代の『コトラ』は既に天に召され、現在は
2代目の『ホトフ』が展示運転日に勤務しているそうです。
2.jpg

駅舎の中は懐かしい『昭和』時代で時間が止まっています。
3.jpg

4.jpg

改札口から見たホームの様子も素敵です。
5.jpg

6.jpg

個人的にはこの便所看板に萌えます^^
7.jpg

8.jpg


この日は構内踏み切りのすぐそばにキハ702が昼寝していました。最近再塗装
されたみたいでピカピカでした。
9.jpg

構内踏切の雰囲気も最高です。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

ホームの廃止当時のままで保存されています。
13.jpg

14.jpg

15.jpg

いつもの場所にトラ・ワムの貨物編成もいました。DD13-551の牽くこの編成を
是非撮影したいものです。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

柵原鉱山資料館横にはワフ102とトム519がいました。
19.jpg

また、奥の検収庫内ではキハ303とキハ312が整備中でした。
20.jpg

21.jpg


柵原鉱山資料館前に保存されている、私の大好物のこの方々も健在でした。
22.jpg

一部配置が変更になったみたいですね。
23.jpg

24.jpg

この方々も動いてくれたら、最高なのですが^^
25.jpg


最後に踏切から構内を撮影します。おっ!! 右側に見慣れない方がいますね~
(既に上の写真にもあっちこっちで写っていますがww)
26.jpg

貨車の前にスイッチャー君が鎮座していました。実はこの方にお会いする事を
目当てにやって参りました。個人所有の車両をここで預かっているそうです。
27.jpg

いや~たまらんですね。鼻血ブー!! です。
28.jpg

近寄ってもう1枚。キョトーンとしたお目目が特徴的な子ですね。 (°ω°) キョトーン
29.jpg

塗りつぶされているので分かりづらいですが、近畿車輛にいた子らしいです。
しかもニチユ製です。ニチユ製のスイッチャーはいまでは中々お目にかかれ
ませんので、ひとり興奮しまくりでした。
30.jpg

31.jpg

DD13-551との2ショットも ( ゚д゚)ポカーンと(°ω°) キョトーン
32.jpg

こっちもいいっすね~
33.jpg


最後に展示線の先にある黄福柵原駅の方にも行ってみました。
34.jpg

35.jpg

36.jpg

こちらにはホハフ2003が留置されていました。
37.jpg





【おまけ】
柵原鉱山資料館の裏に中鉄北部バスの激シブの日野ブルーリボンがいました。
私、この世代のバスが大好きなのですが、地方でも大分少なくなって来ました。
38.jpg

せっかくなので、元岡山臨港鉄道のキハ7001号との2ショットも^^
39.jpg




次回に続きます。 (・ω・) ノシ




nice!(59) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月某日 津山まなびの鉄道館 [博物館・保存車両他]

柵原ふれあい鉱山公園を後にしたあとは、せっかくなので津山まで足をのばして
津山まなびの鉄道館にも行って来ました。

夏休み中だったので、館内は人だらけかと思いましたが、訪問日は程よい人出で
まったりと見学する事が出来ました。 ( ´∀`)
2.JPG

25.JPG



早速、手前の車両から見て行く事にします。一番手前にはいつもの様に展示車両
入替用のアント君が鎮座していました。
3.JPG

お隣には50系客車改造のキハ33 1001が顔出しの状態で展示されていました。
再塗装されたのかピカピカですね。頭出しの状態で見ると、元50系だったのが
よく分かります。
4.JPG

手前側はディーゼルカーをまとめて展示しているみたいで、キハ33のお隣には
キハ181 12とキハ58 563と
5.JPG

頭出し展示のキハ28 2329が展示されていました。
6.JPG

いや~いい並びですね~ 
7.JPG



キハ28のお隣にはキハ52 115とD51 2が並んでいました。
8.JPG

D51 2は初期型なのでいわゆるナメクジ型なのですが、庫内に入っていると
ちょっとわかりづらいですね。
9.JPG

キハ52とD51の間の柱には旅立ちの汽笛(D51 755号機の汽笛)が設置
されています。開館時の12時と15時に汽笛が吹鳴されます。この日は訪問
した時間がちょうど15時前だったので、実際に汽笛を聞くことが出来ました。
10.JPG



D51から奥はディーゼル機関車の展示コーナーとなっており、DF50 18と
DD13 638・DD15 30が展示されていました。
11.JPG

12.JPG

個人的にはDD15がお気に入りなのですが、ラッセル装置しか見えません。 ( ;_;)
13.JPG

中が気になって仕方がありませんww
14.JPG



DD15のお隣にはお馴染みのDD51と大好物の10t半キャブが並んでいました。
15.JPG

16.JPG

半キャブ君に付いていた、こんなのに萌えまくってしまいます^^
17.JPG



一番奥にはここの目玉展示車輛のDE50 1と除雪機関車のDD16 304が
展示されていました。DE50はお顔だけだとDD51みたいですが、
18.JPG

実車は大出力エンジンを1基搭載したセミセンターキャブのDLです。亜幹線用に
開発されましたが、諸事情によりこの1号機だけが製造されただけに終わった
ので、ここでしか見る事が出来ない貴重な車両です。
(※写真は以前機関庫を改装中の時に外に出て来た時の様子です。)
19.JPG

また一番端に展示されているDD16 304はお顔だけ見ると普通のDD16ですが、
20.JPG

除雪用の300番台の為、ラッセルヘッドと一緒に展示されています。ラッセル
ヘッドは機関庫の裏側から見学する事が出来ますが撮影はしづらいです。
21.JPG

中々の迫力です。
22.JPG

このラッセルヘッドは実際はかなり巨大でDD16と見た目変わらないくらいの
全長があります。実際に除雪を行う際はこの巨大なヘッドを両端に連結して
いたので、約36メートルもあったそうです。
(※こちらの写真も以前機関庫を改装中の時に外に出て来た時の様子です。)
23.JPG

いや~こちらの並びも素晴らしいですね~ (゚∀゚) スバラシイ
24.JPG



また、ここは扇形機関車庫の横に現役の留置線があるので目の前で留置車両
たちの様子を見学する事が出来るのが素晴らしいです。
26.JPG

この日はノスタルジー色のキハ47の出庫シーンや
27.JPG

28.JPG

同じくノスタルジー色のキハ40の入換えの様子を見る事が出来ました。
29.JPG

30.JPG

31.JPG

32.JPG



さらに津山駅も目の前なので、
33.JPG

津山線・姫新線を行き交う列車も撮影できますよ。
34.JPG



また、こよっと。 (゚∀゚)
35.JPG





【おまけ】
津山駅前にはC11 80が展示されています。津山駅前の再整備や「津山まなびの
鉄道館」の開館をきっかけに市内の小学校からここに移設されて来たそうです。
36.JPG





nice!(65) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月某日 片上鉄道めぐり その② [博物館・保存車両他]

前回の続きです。 ( ・・)ノ

今回は保存されている車両たちを紹介します。
1.JPG

訪問した日はホームの手前側に客車のホハフ3002(元国鉄オハ351227)が
留置されていました。
2.JPG

車内には入れないものの、デッキは開放されていたので、ちょっと入ってみました。
3.JPG

デッキから車内を覗いてみると、懐かしいニス塗りの車内のままで保存されて
されていました。天井の丸い蛍光管と扇風機がまた素敵です。
4.JPG


ホハフ3002の隣にはキハ303がいました。昭和9年製の元国鉄キハ41071で、
元はガソリンカーだったそうですが、片上鉄道入線後にエンジンがディーゼル化
されたそうです。これだけ古い車両が動態保存されているとは驚きです。
5.JPG

キハ303の前にはキハ312が繋がれていました。
6.JPG

キハ312は昭和28年製の自社発注の気動車でこちらも当初はガソリンカーだった
そうですが、のちにキハ303同様にエンジンがディーゼル化されたそうです。
7.JPG


また吉ヶ原駅構内の貨物側線には3両の貨車が留置されていました。
8.JPG

ワム80000そっくりのこの車両はワム1807と表記されていますが、国鉄から
譲渡された元国鉄ワム18470との事です。
9.JPG

きれいに再塗装がされていますね。
10.JPG

こちらは訪問した日の写真ではありませんが、以前訪問した時には小野田港から
周匝宛の貨車車票と貨車表示票が挿されていました。
11.JPG


ワム1807の隣にはトラ814と
12.JPG

ブルーシートがかけられて分かりづらいですが、トラ840が繋がっていました。
これらトラ車は片上鉄道が施設された目的であった柵原鉱山で産出される
硫化鉄鉱を片上港まで輸送する為に使用されていた車両たちで、現役時代は
トラ車やトム車が37両も連ねていたそうです。
13.JPG



奥の検収庫の方にも車両たちがいるのが見えます。
14.JPG

検収庫前にはDD13-551が鎮座していました。
15.JPG

また、検収庫内には自社発注の客車であるホハフ2003と2004が整備中でした。
オープンデッキなのが激シブです。
16.JPG

さらにDD13-551とホハフ2003との間にある踏切を渡ると、元岡山臨港鉄道の
キハ7001号の運転台部が保存されています。
17.JPG

運転台にはキハ7001号の沿革が表示されていました。
18.JPG

いや~なんとも良い雰囲気ですね^^
19.JPG


DD13-551の横の線路には2両の黒貨車も展示されていました。これらは柵原
鉱山資料館の展示施設で柵原駅での硫化鉄鉱の積み込み風景を再現している
そうです。
20.JPG

展示されているのはトム519と
21.JPG

ワフ102(元国鉄ワフ22006)です。こちらの2両は展示運転線につながって
いない線路にある為、静態保存車になります。以前はトム519の横にトラ840も
いましたが、先に紹介した通りトラ840は展示運転線の方へ移動し、動態保存
となっています。
22.JPG

こちらが柵原鉱山資料館です。入館は有料ですが、管内には坑道を模した
展示などがかなり充実しているので、おすすめです。
23.JPG



柵原ふれあい鉱山公園では実際に鉱山内で使用されていた各種車両等も多数
展示されています。
24.JPG

25.JPG

26.JPG

いや~たまりません。 (´Д` ) ハアハア
27.JPG

28.JPG

一部線路が敷設されているところもあったりします。もしかして展示運転も
あるのでしょうか?是非見てみたいものです。
29.JPG

30.JPG


最後に展示運転線の先の方へ行ってみます。
31.JPG

32.JPG

展示運転線の横には歩道が整備されています。
33.JPG


おっ!! 見えて来ましたよ。
34.JPG

こちらが黄福柵原駅です。2014年に展示運転線を延長して新しく設置されました。
かつてこの先にあった柵原駅を模しているそうです。
35.JPG

柵原駅の駅名標もありました。
36.JPG

こちらが駅舎です。
37.JPG

駅のホームにはキハ702の姿がありました。
38.JPG

キハ702は昭和11年製の元国鉄キハ075で、原型を保ったキハ07はこのキハ
702の他は九州鉄道記念館のキハ07 41号だけだそうです。
39.JPG

流線型の前頭部が美しいですね。
40.JPG


最後に黄福柵原駅から吉ヶ原駅方面です。なんとも懐かしさを感じる良い風景
ですね。末永く残ってもらいたいものです。
41.JPG






【おまけ①】
正式な柵原ふれあい鉱山公園の保存車では無いみたいですが、駐車場横に
かつて可部線で活躍し、広島市内の模型店で保存されていたクモハ73-383の
前頭部が保存されています。
42.JPG

【おまけ②】
赤磐市内の国道484号線沿いの菊ヶ峠のドライブインにキハ311が保存されて
います。保存というよりは放置に近い感じで、訪問した2年前の時点ではかなり
荒廃していたので行く末がちょっと心配です。
43.JPG
nice!(58) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8月某日 片上鉄道めぐり その① [博物館・保存車両他]

先日、ふと片上鉄道の車両たちに逢いに柵原ふれあい鉱山公園に行こうと
思いつき、行って来ました。柵原へ行く前にまずは片上鉄道の起点だった
片上駅跡の近くに保管されているDD13を見学しに行きました。

現地に着いて、片上湾に面した運送会社の敷地内を覗いてみると・・・
1.JPG

おっ!! いますね^^
2.JPG

DD13-552がレールの上に鎮座していました。
3.JPG


早速近くに寄って見ます。DD13は運送会社の敷地内にいますが、公道沿い
なので歩道から至近で見学する事が出来ます。塗装はそれなりに劣化して
いますが、海辺で保存されている割には思ったよりきれいな状態ですね。
4.JPG

5.JPG

片上鉄道のDD13は国鉄のDD13と見た目はほぼ同型ですが、長編成の
鉱石列車に対応するためインタークーラーや過給器を装備した出力増強
タイプだそうです。また、キャブの運転席も国鉄のDD13が入換え運転用
だった為横向きであったのに対して、こちらは運転席が前向きであった
点などが異なります。その為運転席側の窓ガラスが横長になっています。
6.JPG

7.JPG


中々いいシチュエーションですね~。後ろにトラ車やワム車が連なっていれば
もっと最高ですね。 ( ´∀`)
8.JPG

(゜Д゜) いいお顔です^^
9.JPG



DD13-552をお腹いっぱい撮影したあとは、メインの柵原ふれあい鉱山公園へ
向かいます。現地に着くと、懐かしい昭和の光景が目の前にありました。
10.JPG

11.JPG


ここは個人的には何度も訪れていますが、ブログで紹介するのは初めてです。
柵原ふれあい鉱山公園は1991年(平成3年)に廃止となった同和鉱業片上鉄道の
旧吉ヶ原駅を再利用した公園で、同和鉱業片上鉄道に在籍した車両の動態保存や
柵原鉱山の資料を展示しています。
12.JPG


それでは早速旧吉ヶ原駅に入ってみます。
13.JPG

中に入ると廃止当時のままの状態で保存されています。
14.JPG

ここは片上鉄道保存会の方々が管理されており、毎月第1日曜日には保存車
による展示運転を行っているそうです。
15.JPG

味のある路線図や、
16.JPG

レトロな看板類も残っています。
17.JPG

18.JPG

展示運転時の時刻表が掲示されていました。
19.JPG

構内踏切の雰囲気も最高ですね。
20.JPG

21.JPG

駅の中は懐かしさで一杯です。何度訪問しても飽きない場所です。
22.JPG



次回は保存されている車両たちを紹介します。 (・ω・) ノシ
23.JPG





【おまけ】
片上から柵原に向かう途中の和気町内にヨ太郎君が連なったお店があるので
寄って見ました。北斗星を模した塗装はちょっとボロボロですが、比較的原型を
とどめています。
24.JPG

整体・アロマエステのお店として使用されているみたいです。廃車体を利用した
お店も老朽化で最近はあまり見られなくなって来ているので、末永くのこって
もらいたいものです。
25.JPG




nice!(58) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9月某日 鉄道博物館 [博物館・保存車両他]

もう1か月前になりますが、大宮へ行く用事があり、待ち合わせまで時間までちょっと
余裕があったので、久々に鉄道博物館へ行って来ました。

現地についたのが閉館一時間半前だったので、急いで見学します。入館すると
まず、殆ど人気のない場所にある今回のお目当ての場所↓へ直行しました^^
1.JPG

イタ━━(゚∀゚)━━!! 今回のお目当てのDD13 1号機です。前回訪問時は展示車両
から一時的に外れていて見る事が出来なかったのですが、今年の3月よりキハ11の
前に展示されるようになったので、一度お会いしたいと思っていました。
2.JPG

初期型の特徴であるボンネットの上の大きな一つ目ライトが激シブです。
3.JPG

キャブには懐かしの品川機関区の区名札が挿されています。
4.JPG

丸い汽車會社の銘板がレトロです。
5.JPG

台車のブレーキシリンダーには昭和53年2月26日大宮工場の表記がありました。
6.JPG

いや~かっこいいっす。 (•̀ω•́ )
7.JPG

2つ目の後期型のDD13タイプの車両はまだ臨海鉄道などで現役ですが、この
初期型については、2012年5月に廃止になった北旭川の日本オイルターミナル
旭川営業所専用線にいた写真のDD13 40が最後の現役車両でした。
7-1.JPG

車両の傍には説明板が設置されています。
8.JPG



DD13 1のあとはキハ11 25を見学しました。この車両は本来は動態保存車両
でしたが、今回のDD13 1の展示に際し静態保存へ変更となっています。
9.JPG

こちらの車両もDD13 1の展示に合わせて再塗装されたので、ピカピカでした。
10.JPG

11.JPG

オイル漏れなのか床下には洗面器の様な容器が置かれていました。この車両は
動態保存時はたまにエンジンをかけていたみたいですが、静態保存になる前から
調子が悪かったのでしょうか。
12.JPG

DD13 1同様に説明板が設置されていました。
14.JPG

いずれにせよ貴重な国鉄10系気動車の生き残りですので、末永く保存展示を
してもらいたいものです。
13.JPG



DD13見学のあとは本館へ向かいましたが、途中にあるリニューアルしたキッズ
プラザにちょっと立ち寄って公募デザインに再塗装された103系も見学しました。
かわいい塗装ですが個人的にはなんとも言えない塗装ですね。
15.JPG

個人的には以前の京浜東北線色の方が良かったです。
15-1.JPG



その後はいよいよ本館へ。メインの展示がEF55 1へ変更になっていました。
16.JPG

17.JPG

C57 135はこちらへ移動になっていました。
18.JPG

下に降りてもう一枚。閉館前は見学者が少なくて撮影し易いですね。
19.JPG

20.JPG


メインの展示場を駆け足で見学したあとは、前回見学できなかった0系新幹線を
見学しました。個人的に新幹線といえばやっぱこのお顔です。
21.JPG

22.JPG

いや~懐かしい車内です。新幹線といえばいまだにこの座席を思い浮かべます。
23.JPG

24.JPG

0系もこの大窓の初期タイプが一番好みです^^
25.JPG




現在、鉄道博物館は随時リニューアル工事が進められており、2FのレストランTD
はトレインレストラン日本食堂として再オープンしていました。食堂車をモチーフと
した店内が素敵です。
26.JPG


今度は来年の新館オープン後にまた訪問したいと思います。 ( ´∀`)
27.JPG





nice!(57) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東向島 東武博物館 その② [博物館・保存車両他]

前回の続きです。


今回は車両以外の展示物を紹介します。まずはデハ1形5号の前に展示されていた
スペーシアの1/20模型と、
1.JPG

同じくスペーシアの個室のモックアップです。
2.JPG

3.JPG

こちらは中に入ってくつろぐことが出来ます。 (´ρ`) ノンビリ
4.JPG


スペーシアのモックアップのお隣には私の大好物の保線模型が展示されていました。
5.JPG

松山重機製のモーターカーがめっちゃリアルです。 ( ゚д゚) コレホスィ
6.JPG

いや~たまりません。
7.JPG

8.JPG

砕石運搬車とドローバーで連結されているところがリアルで萌えまくりです^^
9.JPG


その他にも軌道自転車や
10.JPG

定番のパンタグラフなども展示されています。
11.JPG

この日は展示物のメンテナンス作業も見る事が出来ました。係員さんの服装を
見ると本職の方々がメンテナンスしているみたいですね。
12.JPG


また、鉄道模型のジオラマも複数あります。東武沿線を模しているのでスカイツリーの
姿があります。
16.JPG

また、こちらのジオラマの方は、
13.JPG

シュミレーターになっていて本物の運転台で模型を動かすことが出来ます。
14.JPG

15.JPG


さらに、館内の2階には駅を模したコーナーがあり、懐かしの券売機や
17.JPG

自動改札などが設置されています。
18.JPG

また室内も駅の窓口を模しており、券売機の裏側や
19.JPG

切符販売の窓口の席
20.JPG

制御盤
21.JPG

その他展示物などを見る事が出来ます。
22.JPG


またここには東武バス関連の展示物もいくつかあります。こちらは現役の路線
バスと観光バスの模型です。(手前 いすゞエルガ・奥側 日野セレガ)
23.JPG

懐かしのカラーをまとったスーパーハイデッカーの模型(いすゞP-LV719R・富士
重工製車体)もありました。
24.JPG

子供の頃、学校の遠足でよく東武バスに乗った身としては、この“と~ぶ”マークが
めちゃくちゃ懐かしいです。
25.JPG


本物のバスのお顔を使ったシュミレーターもありました。しかも懐かしの富士重工
製車体の日野RE120ではありませんか!! このバスにも子供の頃によく乗りました。
26.JPG

27.JPG

懐かしさのあまり、おっさんなのにシュミレーターで遊んでしまいましたww
(ダブルクラッチごっこをしたかったのですが、シフトレバーとクラッチは見事に死んでいました^^)
28.JPG

富士重製の車体を示す銘板も残っていました。
29.JPG


その他にも別棟に記念物・保存物コーナー(ここは撮影禁止)があるのですが、
建物の間をつなぐプロムナードは側面が窓になっており、
30.JPG

31.JPG

実際に運行されている電車の台車を見学出来る様になっていました。
32.JPG

短い訪問時間でしたが、中々楽しめました^^





【おまけ】
東武博物館は東向島駅の下にあるので、訪問のついでに駅でもちょっと撮影
させてもらいました。ここは半蔵門線直通の車両も走るので、いろいろな車両を
手軽に撮影する事が出来ます。

8000系
33.JPG

10000系
34.JPG

東急8500系
35.JPG

50050系
36.JPG

100系 スペーシア
37.JPG

200系 りょうもう
38.JPG

この日初めて500系 リバティを見る事が出来ました。カッコいいっすね。
39.JPG




nice!(57) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東向島 東武博物館 その① [博物館・保存車両他]

先日以前より一度行ってみたかった東武博物館を訪問して来ました。 ヽ(*゚∀゚)ノ イエーイ!!


東武博物館は東向島駅近くの高架下にありますので、アクセス抜群です。
1.JPG


早速、館内へ入ってみます。館内は展示車両・展示物が盛りだくさんでしたので、
今回は展示車両を紹介させてもらいます。

まずは入口に展示されている5号蒸気機関車です。1899 (明治32)年開業時に
英国のべヤーピーコック社から購入した蒸気機関車12両のうちの1両だそうです。
2.JPG

お隣にはデハ1形5号電車がいました。1924(大正13)年に浅草(業平橋)~
西新井間が電化された時に走った木造電車だそうです。
3.JPG

レトロな表記類が素敵です。サボの文字にも味があります。
4.JPG

こちらは車内に入ることが出来るので、有難く入らせてもらいました。
5.JPG

何とも良い雰囲気ですね。
6.JPG

7.JPG


デハ1形5号の近くには5700系5703号のお顔が置いてありました。日光線用の
特急車として活躍していた車両です。旧国の匂いがプンプンするお顔が好みです^^
8.JPG



一旦館内を出て中庭へ。こちらには2両の車両が展示されています。まずは
5700系5701号電車です。かつては上記5703号と同じお顔で活躍していま
したが、ここでの保存に合わせて登場時のお顔に復元されたそうです。
9.JPG

かわいいお顔です。前面の飾り金の形から“ネコひげ”形と呼ばれています。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

この車両も車内が公開されていたので、中へ入らせてもらいました。
13.JPG

14.JPG

えらくシンプルな運転席ですね。
15.JPG


5701号のお隣にはED101形101号電気機関車が展示されていました。東武
鉄道最初の電気機関車。1928(昭和3)年英国のイングリッ シュ・エレクトリック
社製で、当初は貨物列車の他、客車を引いて団体用にも使用されたそうです。
1972 (昭和47)年まで活躍した後は近江鉄道に譲渡され、1988 (昭和63)年
3月まで働いていたとの事です。
16.JPG

銘板も残っています。製造年の1928の文字があります。
17.JPG

18.JPG



再び館内に戻ります。メインの場所には私の主食!?の電機(ED5015)が鎮座して
いました。東武電機といえばこのデッキ付の茶色の機関車ですね。かつて重連で
石油タンク列車を牽いていた姿が懐かしいです。
19.JPG

貨物列車廃止時のヘッドマークが取り付けられていました。
20.JPG

21.JPG

いや~かっこいいっすね~
22.JPG


ED5015のお隣にはこれまた激シブの富士重工製キャブオーバーバスが展示
されていました。
23.JPG

お尻も可愛いいです。
24.JPG

こちらも車内に入れます。
25.JPG

大きなエンジンカバーがある為、えらく狭い運転席ですね。
26.JPG


今回個人的にツボだった展示車両がコレ(元トキ1形)です。元は2軸ボギー
無蓋貨車でしたが、廃車後、約3分の1にカットされ、改造されて杉戸工場
構内で重量測定用に使用されていたとの事です。てっきり展示用に改造
されたものだと思っていました。
27.JPG

脱線復旧機材が積まれた状態で展示されています。Bトレみたいですね。
28.JPG

29.JPG



博物館の外にも車両が展示されています。こちらはモハ1720系1721号です。
日光・鬼怒川温泉へのデラックスロマンスカーとして長らく活躍してきた車両です。
30.JPG

このアメ車顔がたまりません。 (;´Д`) ハアハア
31.JPG

32.JPG

カットモデルなので、お尻はこんな感じです^^
33.JPG

この車両も博物館内からは中に入ることが出来ます。
34.JPG

35.JPG

アクリル板越しですが、運転台も見学できます。
36.JPG


1721号の後ろには元日光軌道200型203号が展示されていました。200型は
2車体3台車連接式の車両です。
37.JPG

38.JPG

ここはコンパクトな博物館ですが、展示物は盛りだくさんです。次回はその他の
展示物を紹介します。 (・ω・) ノシ
39.JPG





nice!(54) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4月某日 下津井電鉄跡 [博物館・保存車両他]

先日、児島に行く用事があったので、久々に下津井電鉄の下津井駅跡を
訪問して来ました。 ( ´∀`)ノ
1.JPG


こちらは下津井駅の跡です。駅舎は無くなっていますが、2面のホームと
一部の線路が残されています。2.JPG

3.JPG

駅の反対側は線路跡が遊歩道として整備されており、旧児島駅まで歩いて
行くことが出来ます。4.JPG


旧駅構内にはここで活躍していた車両たちが、保存会の方々によって保存
されています。
5.JPG

6.JPG


手前の方には私の好物の貨車たちが保存されています。
7.JPG

こちらは無蓋車のホトフ5号です。いわゆるだるまさん状態ですが、車体は
綺麗に整備されていますね。
8.JPG

バッファー式連結器がシブすぎです。なんと!この貨車たちは大正時代に
製造された車両だそうです。
9.JPG

こちらは有蓋車のホワ6号とホカフ9号です。10.JPG



貨車たちの後ろには旅客用の車両たちが並んでいます。まずは一番手前に
いるのがホジ3号です。この車両は営業用の車両ではなく、昭和47年の茶屋町
~児島間廃止時にレール撤去用として、井笠鉄道より購入したディーゼルカー
だそうですが、エンジン不調で結局使われなかったそうです。
11.JPG

お顔がかわいいですね。
12.JPG

ホジ3号の後ろはクハ5号です。シートがかけられているので全容が分かり
にくいですがデッキ付の車両がちょこっと見えています。ガソリンカー改造の
制御車(電車)だそうです。
13.JPG

ホジ3号の後ろにはメリーベル号やモハ1001号が留置されています。写真
では見えませんが、モハ1001号の後ろにはモハ103とクハ24号も保存されて
います。
14.JPG


駅の構内には以前は無かった案内板が新しく設置されていました。
15.JPG

16.JPG

17.JPG


また、いつの間にか下電バスの廃車体も置かれていました。保存会の方々の
休憩所として使用されているみたいです。
18.JPG

西工製車体を載せた日野ブルーリボンですね。私、実はバスも大好物なので
思わず写真を撮りまくってしまいました。 (゚∀゚) ヒャヒャ
19.JPG


こちらは駅構内奥からの様子です。20.JPG

最奥部には一部のレールとホーム跡らしきものが残されていました。
21.JPG


この日は時間があったので、旧児島駅の方にもいってみました。ここは風の駅
として金・土・日・祝祭日の日中(8:30~17:00)のみ駅構内が開放されている
そうです。
22.JPG

駅の裏手です。開放日以外は駅の入口のフェンスが閉まっており、この先に
入る事は出来ません。
23.JPG

24.JPG

ここの遊歩道は架線柱がそのまま残されているのが、何とも良い雰囲気です。
25.JPG


今度は歩いてみよっと。 (゚∀゚)





【おまけ】
上の方の写真にちらっと写っていますが、旧児島駅の横は下電バスの児島営業所
なので、ここはバスマニアの方にもお勧めの場所です。私の大好きな富士重7Eが
目の前に多数昼寝していたので、テンションが上がりまくってしまいました。
26.JPG

こちらはいすゞエルガミオです。
27.JPG

ジーンズバスもいました。児島は国産ジーンズ発祥の地として有名です。
28.JPG


いや~たまりません (*'д`*)ハァハァ






nice!(63) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

横川 碓氷峠鉄道文化むら その④ [博物館・保存車両他]

最終回です。今回はその他の展示車両等を紹介します。


まずは園内の屋外展示場のまわりを一周する610mmゲージのアプトくんです。
本格的な蒸気機関車とDLが客車を牽いて園内を一周します。訪問日は平日
だったので、DLでの運行でした。
1.JPG

中々良い雰囲気です。園内鉄道にありがちな“おもちゃっぽさ”はありません。
2.JPG

今度は是非乗ってみたいものです。
3.JPG


また、鉄道村の北側には旧信越本線の線路が一部残されており、EF63の
体験運転に使用されている他、碓氷峠の森公園交流館「峠の湯」付近の
「とうげのゆ」駅までトロッコ列車の「シェルパ君」が土日を中心に運行されて
います。写真は「ぶんかむら」駅の様子で、お休み中のシェルパ君やEF63
の姿を間近に見学する事が出来ます。
4.JPG

5.JPG

6.JPG

この日の体験運転担当車はEF63 11号機でした。
7.JPG

こちらはシェルパ君牽引用のスイッチャー君です。前任のスイッチャー君の
不調に伴い、2013年に新造されました。
8.JPG

EF63のお隣にはヨ太郎君もいました^^
9.JPG


また、「ぶんかむら」駅の外れには留置線があり、体験運転用のEF63やその他の
車両が留置されているのが見られます。
10.JPG

この日はEF63 24号機と25号機が重連で留置されていました。
11.JPG

EF63の体験運転の回数を一定回数重ねるとカマ重連の体験運転も出来る
そうです。 (ノ゚д゚)ノ スゲー!
12.JPG

やっぱロクサンといえば重連ですね。めっちゃかっこいいっす。
13.JPG

14.JPG

ロクサンの他には元あさまの189系の2両と
15.JPG

先代のシェルパ君用のスイッチャー君と
16.JPG

EF63 12号機が留置されていました。EF63 12は体験運転に使用されて
いないのか、塗装の痛みが目立っていました。また、189系の方はまったく
手入れがされていないみたいで、完全にボロボロの状態でした。
17.JPG

18.JPG

体験運転線は旧信越本線の旧下り線を利用していますが、旧上り線路の方は
旧熊ノ平信号場まで遊歩道として舗装されています。留置線の車両たちや体験
運転線のロクサンはこの遊歩道から手軽に撮影が出来ます。
21.JPG

もちろん留置線の車両の様子や、体験線を行くEF63の姿は園内の方からも
見る事が出来ますよ。
19.JPG

20.JPG




いや~ 何度来てもいいですね~ 今度シェルパ君運行日にゆっくり来たい
ものです^^
22.JPG






【おまけ】
園内の展示車両を撮影しているとなにやら私好みのゲテモノ君が
鎮座していました。 (・ω・`) ナンジャコレ?
23.JPG

キヤ211-1と書かれていますね。
24.JPG

園内にはもう一両湘南色の子もいました。こちらはキヤ115-1と書かれてます。
25.JPG

車内には“東横車両”と書かれた検査表記までありました。 (゚∀゚) アヒャ
26.JPG

この子たちはJR高崎支社の訓練センターで実際に乗務員の訓練に使用されて
いた車両みたいですね。
27.JPG

ちゃんと運転席もありました。
28.JPG






nice!(53) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 博物館・保存車両他 ブログトップ